BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

八島さららさん・渕上舞さん・上田麗奈さんら『アイドル事変』声優が「2017年の公約」を発表!? 第3話収録後に公式インタビュー実施

アニメイトタイムズ1月20日(金)21時55分
画像:八島さららさん・渕上舞さん・上田麗奈さんら『アイドル事変』声優が「2017年の公約」を発表!? 第3話収録後に公式インタビュー実施
写真を拡大
 TOKYO MX、BSフジ、dアニメストア他で放送・配信中のTVアニメ『アイドル事変』。「アイドル×国会議員」という独自のテーマや、豪華キャスト陣、更に主題歌サウンドプロデュースをつんく♂さんが担当していることでも話題の本作より、公式アフレコインタビューが到着しました。

 同インタビューは、1月22日(日)23:30より最速放送される第3話「事変03 Nyanway Generation」のアフレコ終了後に行われたもの。インタビューには「ヒロイン党」のアイドル議員を演じる八島さららさん、渕上舞さん、上田麗奈さんのレギュラー陣に加え、第3話から初登場となる「スターライ党」党首を演じる久保ユリカさんや、安済知佳さん、木戸衣吹さんも参加しています。

 作品の見所や、楽曲レコーディングの思い出、新年に因んで「2017年の公約」なども語ってくれているので、早速ご紹介しましょう。インタビュー参加キャスト
<ヒロイン党>
星菜夏月(新潟):八島さらら
鬼丸靜(福岡県):渕上舞
近堂幸恵(富山県):上田麗奈<スターライ党>
飯塚桜子(奈良県):久保ユリカ
鳴神五十鈴(和歌山県):安済知佳
綾井しらゆき(香川県):木戸衣吹TVアニメ「アイドル事変」第3話 「事変03 Nyanway Generation」公式アフレコインタビュー公開
──これからアニメを見るファンの方々へ向けて、ご自身が演じるキャラクターの紹介と、演じるうえで意識されていることがあれば教えてください。

星菜夏月役・八島さららさん(以下、八島):『アイドル事変』はアイドルと政治という新しいコラボレーションで、アイドルたちが日本を笑顔にするために奮闘するお話です。夏月という役を演じるにあたっては、ヒロイン党秘書の神代を演じている、藤原祐規さんが以前、話してくれたことが参考になっています。それは「夏月は人に巻き込まれる主人公じゃなくて、人を巻き込んでいくパワーのある子だね」ということ。そのイメージを胸に抱きながら、「明るく元気な夏月」を心がけて演じています。

鬼丸靜役・渕上舞(以下、渕上):靜はわかりやすくいうと“ツンデレ”です。すでにアイドル議員として活躍している子なのでしっかりしているんですけど、ちょっと複雑な過去も隠されています。そういった面を少しずつ出しつつも、けっしてイヤな子に見えないような、かわいらしく見える演技を心がけています。タイプの全然違う夏月といっしょに行動することで、靜の心のゆらぎも出てくるので演技面は難しいところもありますが、なんとかご覧頂くみなさんに、靜のかわいらしさが伝わればいいなと思っています。

近堂幸恵役・上田麗奈さん(以下、上田):幸恵さんは言葉も物腰も、すごく柔らかくってふわふわとしていて、おっとりしたお姉さんです。つかみどころが無いようですが、実はいろんなことを考えている人。それも、常に自分のことより周りの人のことを考えているんです。しかも「こうした方がいい」って押し付けるのではなく、相手を信頼して見守るポジションをとっていますね。演じる際は、思っていることを他のキャラクターに伝える時に、あまり重くならないように、とスタッフさんからアドバイスされています。なるべく一歩引いて見守る立ち位置を保つようにと。飯塚桜子役・久保ユリカさん(以下、久保):3話が初登場となる桜子ちゃんですが、私も彼女を演じるのはこの収録が初めてで、どういった女の子にするか手探りだったところもありました。でも自信を持ってやらせていただいて、なんとかみなさんが考える桜子像とマッチできたのかなという実感はあります。しゃべりかたがロイヤルな子で、私自身これまで、ほぼ演じたことのないタイプのキャラクターですね。ありがたい経験です。お嬢様ゆえの無知さ、自由さ、マイペースさが、ワガママに見えてしまわないように意識して今後も演じさせていただきたいと思います。

鳴神五十鈴役・安済知佳さん(以下、安済):初めてこの役に出会ってからかなり久々になりましたが、ついにアニメで五十鈴を演じられるということがまずうれしいですね。アニメでは彼女が党の中で、仲間たちとどんな交流をしているか、どのように仲間たちに振り回されているかがわかって楽しかったです。行儀がよい常識人で、お姉さんポジションなんですが、よく振り回されてるなあと。これからスターライ党の3人が、ヒロイン党や他の党のみなさんとどんな関係性を築いていくのか、私もすごく楽しみになった3話のアフレコでした。

綾井しらゆき役・木戸衣吹さん(以下、木戸):しらゆきちゃんは香川県のアイドル議員で、非常におっとりしていて、常にうどんを食べてる子です。そんなにうどんを食べていて体重は大丈夫なのかと思うんですが、やせてます(笑)。まったりした彼女を演じるにあたり注意していたことは、あまり大きなリアクションをしないように、あえて薄ーく薄ーく演じること。おっとりまったり、うどんのようにうすーいしろーい感じを意識しました。──みなさんの考える、この作品の見どころは?

八島:私の演じる夏月は新潟県出身で、それにまつわる細かい設定もあるんです。たとえば、おにぎりが大好きだとか。それぞれのアイドル議員にそういった設定があるので、自分の同郷の議員を応援するのも楽しいのではないでしょうか。

渕上:彼女たちは何よりもまずアイドルです。議員のお話ではあるものの、歌って踊ってというアイドル的なものもふんだんに盛り込まれたお話になっています。ライブシーンを楽しみに見ていただくのもいいと思います。

上田:毎回、敵というか……壁になる人物が現れ、アイドル議員がその人の目をハートにして問題を解決します。明るく、キラキラしたものがそこにはあって、なんとなくふらーっと見ても、そのキラキラを感じていただけると思います。深く考えなくても見終えたあとはスッキリできるので、気軽に見られるところがまた魅力なのかなと。久保:キャラクターソングが出た時も思いましたが、ジャケットのイラストひとつとっても女の子が本当にかわいいですよね。今回のアフレコで映像を見せていただいても、ひとりひとりに個性が詰まっていて、これから47都道府県のアイドル議員から、いったいどんな子が出てくるんだろう? ……というドキドキを感じました。そんな気持ちを、みなさまにもきっと味わっていただけると思います。私自身もオンエアを普通に楽しんで見るつもりです!

安済:47都道府県のお話ということで、日本にいる人なら誰でも共感できるキャッチーな作品だと思っています。この間、五十鈴たち以外のキャラも見せていただいたんですが、“わかば党”という小さな女の子ばかりの党があって、それにすごく惹かれてしまいました♪ みなさまにもぜひ、あのかわいさを味わっていただきたいです!……他の党を推しちゃっていいんですかね(笑)。でも、党によって全然カラーも違うので、その差も楽しめるんですよ。

木戸:やはりたくさんキャラがいるところが見どころです。しかも全員が都道府県と密接に絡んでいます。今流行りのアイドル物とご当地物、いっしょになっている作品はあまりないですから貴重だと思います。私は青森県出身ですけど、香川県民のみなさんに恥じないようにがんばります!──『アイドル事変』では、CD、アプリゲーム、TVアニメ内などに多数のキャラクターソングが登場します。ご自身が参加された楽曲について、レコーディングの思い出や聴きどころを教えてください。

八島:現在の段階(※当取材は2016年末に実施)だと、アプリゲームをプレイしていただくと、CD未発表の曲まで聴くことができます。つい先日、つんく♂さんのプロデュースしたアニメのOP曲をレコーディングいたしまして、その曲がすごく明るくて、政治っぽい歌詞で、個性的な曲だなと思います。お気に入りです。

安済:政治的って……「マニフェスト!マニフェスト!」みたいな?(笑)

八島:ええ! 本当にそんな感じです!(笑) 公約を歌っている曲なんです。

渕上:私のお気に入りは、夏月と靜の“with”というユニットがありまして、そのCDのカップリングの「追い風はハリケーン」という曲です。どこか懐かしさを感じるというか、耳に残るんですよね。カップリングの曲なので、CDを買ってくださった方はすでに聴いてくださってると思うんですけど、アニメやゲームで聴けるかはまだわかりません。(※2017年現在、配信中)……なので、もっともっとみなさんに聴かれて広まってほしい曲です。

上田:私はアニメのOPの歌詞が忘れられなくて……すごく攻めた歌詞だなあと。その遠慮なしに攻めていく感じが、アニメの内容ともすごくマッチしていると思っています。どんなことでも「やる気があれば大丈夫!」と元気が出る歌なので、私は大好きです。

久保:私たちのユニット“キラキラ”の曲はCDになっているものと、アニメ内で流れるもので、少しだけバージョンが違うんですよ。オンエアで見たらどんな感じになるんだろうと、今から楽しみにしています。もちろん、アニメで聴いて気になった方にはぜひCDを手にとって、改めてCDバージョンを楽しんでいただけたらと思います。

安済:五十鈴に関しては演じるのも久々だったので、どう歌おうか試行錯誤しましたが、スタッフさんのディレクションに助けられながら形にしていきました。そうしてできたものを、アニメにも活かせたのがおもしろかったです。歌に合わせてダンスする五十鈴も今回の3話で初めて拝見しましたが、こんなふうに踊るんだと新鮮な驚きがありました。ふだんは着物や袴なので、アイドルらしい格好はギャップがあっていいですよね。キラキラのCDは表題の「It’s All Star☆Right彡」はもちろんカップリング曲の「時雨る雪と花つぼみ」も、すごくせつなくていい曲ですよ!

木戸:明るいアップテンポな曲と、バラードの2曲をキラキラとして歌わせていただいたんですが、歌うときのしらゆきちゃんは「明るくハキハキと」とディレクションしていただいています。ですから、アニメの日常シーンの彼女とは違う“アイドル・しらゆき”を感じていただけると思います。楽しく収録させていただきました♪──アニメ放送は新年スタートですが、みなさんが新年にチャレンジしてみたいことを「2017年の公約」として教えてください。

八島:チャレンジしたいことは……実現すると困ってしまいますが、アニメの第2話で夏月がバンジージャンプをするのですが、私は人生で一度も経験ありません。なので、できたらいいなあと……。高所恐怖症を克服したいです。

渕上:やりたいこと……私、願望がないんですよね。

全員:(笑)

渕上:でも……プライベートな話をするなら、引越しをしたいです!

上田:私もしたいしたい!

安済:したいですよねえ……って、リアルな願望だ(笑)。

渕上:したいよね? 私は常々そう思いつつ、なかなかタイミングが合わなくて実行に移せてない! ですので、2017年はよりよい生活を求めて引越しできたら楽しいなと考えています。

上田:私は……滝に打たれるか、ポメラニアンを飼いたいです。

安済:すごくジャンルが別方向(笑)。

上田:ゆとりを持って2つ設定しておいて、どちらかがかなえられらいいなと思ってるんですけど。修行をするか、愛を得るか……。

渕上:大丈夫!? 疲れてない? 仕事しすぎじゃない?(笑)

久保:私の2017年公約は……人に言える趣味を持ちたいです。

渕上:どういうこと? 今の趣味は言えないの?(笑)

八島:気になる……。

久保:ええ……まあ……。公に出せる趣味を作りたいと思います(笑)。

八島:(笑)。

安済:私は録画機器を買いたいです! もうずっと持ってないんです……。今年こそと思ってたら、いつの間にか年が終わりそうなので、もう来年こそは。

上田:新年のセールならお年玉価格で買えると思いますよ!

木戸:じゃあ、最後に私の公約ですが、富士急ハイランドに行って、ジェットコースターに乗りたいです! 絶叫系はずっと苦手だったんですけど、「チャレンジしなくては!」と最近思い直しまして。あそこには怖いジェットコースターがいくつもあるので、いろいろ乗りたいです!──これからTVアニメをご覧になるファンの方々に、メッセージをお願いします。

八島:『アイドル事変』はすごく明るくて前向きになれるアニメです。楽曲がたくさん、アイドル議員もたくさんいて、好きになればなるほど楽しみが増えていくコンテンツだと思います。アニメを見て、ゲームもプレイして、楽しんでくれる方々がもっと増えて、みなさんに愛される作品になればいいなと思っています。

渕上:ゲームの収録で関わっていたころから、アニメがどんなお話になるか楽しみでした。アニメではアイドル議員以外のキャラクターも多く絡んでいるのですが、とてもわかりやすく、幅広い年齢層の方に楽しく見てもらえる作品じゃないかなと思っています。大人の方はもちろん、小さい子供たちにもぜひ、見る機会を作ってあげてほしいです。たくさんの人に愛される作品になるように、私もがんばります!

上田:ふだんの生活の中ではなかなかできないようなこともやっちゃうお話なので、見ているとストレス発散になるような、ぶっとんでいるお話かもしれません。何も考えず見ていただいて、なんとなく笑って、「楽しかったな」って思っていただくだけでも幸いです。そうやって気軽に楽しめる作品になったらいいなと思って頑張っています。

久保:目でかわいい女の子たちを見て、耳ですてきな音楽を聴いて、心でドキドキのストーリーを感じ、みなさまの五感を最大限に使って楽しんでいただけたらうれしいなと思います。アニメが盛り上がったら、『アイドル事変』というコンテンツ全部が盛り上がると思うので、ぜひみなさまの感想などをお聞かせください。

安済:すでにゲームを楽しんでいただいている方もいらっしゃると思いますが、アニメになってさらにいろんな党、いろんなアイドル議員たちが登場します。見た目のかわいさはもちろん、彼女たちの関係性も必見です。お話もすごくハートフルで、見ていてポジティブになれる作品です。私自身もオンエアがとても楽しみです!

木戸:ついにTVアニメになって、他のキャストさんと同じブースで掛け合うことができて、それがすごくうれしいです。『アイドル事変』はアニメ以外にもライブなどいろいろと展開していくので、今後も末永くよろしくお願いします。

──ありがとうございました!TVアニメ「アイドル事変」/「事変03 Nyanway Generation」あらすじ
ヒロイン党が次に向かったのは、大量の猫が暮らすことで有名な、猫のパラダイス“猫ノ島”。夏月たちは島の子供から、このところ猫がどんどん減っているので、原因を調べてほしいと頼まれるのだった。同じころ、スターライ党の飯塚桜子、鳴神五十鈴、綾井しらゆきの3名もまた、原因究明に動き出す。謎を追う少女たち、その裏で暗躍する者、島に伝わる意味深な伝説…… 絶海の孤島にキャッと驚く一大スペクタクルが展開する!

>>http://idoljihen.jp/anime/ (アニメ「アイドル事変」公式サイト)
>>https://twitter.com/idol_jihen (アニメ「アイドル事変」公式ツイッター(@idol_jihen))

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
アイドルのまとめ写真 インタビューのまとめ写真 声優のまとめ写真 公約のまとめ写真

「アイドル」をもっと詳しく

注目ニュース
後藤久美子の娘・エレナさんが日本デビュー&メディア初登場 10・1オスカー所属へ オリコン9月26日(火)4時0分
元F1レーサーのジャン・アレジ氏(53)と女優・後藤久美子(43)の長女・エレナアレジ後藤さん(20)が、10月1日より母・久美子をはじめ…[ 記事全文 ]
マツコ、夢かなって力士姿に大変身 有吉「本物だよ!」と絶賛 オリコン9月26日(火)9時14分
タレントのマツコ・デラックスが、かねてから熱望していた“大銀杏を結う”という夢を実現させた。[ 記事全文 ]
TOKIOの2人、バク転成功 「40代で出来んのは素直に尊敬」 J-CASTニュース9月25日(月)19時44分
かつて「ジャニーズ」といえば、「バク転」のイメージが強くあった。少年隊や光GENJI、V6などメンバー全員ができるグループある一方、最近で…[ 記事全文 ]
沙也加の夫 村田充が活動休止を発表「休養と次なる夢への準備」 スポーツニッポン9月26日(火)7時38分
5月に女優の神田沙也加(30)と結婚した俳優の村田充(40)が、27日から主演する舞台「囚人」の終了後に活動を休止すると発表した。[ 記事全文 ]
小泉今日子の10月ドラマ予告動画が「あの爆死ドラマに激似」の不穏! アサ芸プラス9月25日(月)9時59分
10月17日スタートの新ドラマ「監獄のお姫さま」(TBS系)。主演は小泉今日子で脚本は宮藤官九郎。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア