【連載】TVアニメ『スロウスタート』千石冠 役・長縄まりあさんインタビュー! 冠は見た目と性格のギャップが魅力的

1月20日(土)21時30分 アニメイトタイムズ

2018年1月よりTOKYO MXほかにて放送中のTVアニメ『スロウスタート』(原作:篤見唯子/「まんがタイムきらら」にて連載中)。アニメイトタイムズでは公式サイトと連動して、メインキャストのみなさんやスタッフの方々を対象にした連載企画「animate Times Presents スロウスタート リレーインタビュー」のロング版を掲載しています。その第3目に登場いただくのは、千石冠役・長縄まりあさんです! 演じるキャラクターの印象をはじめ、冠ならではの質問にお答えいただきました。■■■連載バックナンバー
□https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1515151972 (【連載1】一之瀬花名 役・近藤玲奈さん)
□https://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1515724499 (【連載2】十倉栄依子 役・嶺内ともみさん)


「冠が本当にしたいと思ってることをやる」という気持ちを大事に
—まずは(千石)冠を最初に見たときの印象から教えてください。

千石冠役・長縄まりあさん(以下、長縄):初めに原作を読んだときは「なんて小さい子なんだ、本当に高校生なのだろうか」って思いました(笑)。クラスでの自己紹介のときも、人見知りでプルプルしてて、髪の毛とかもふわふわで小動物系だなと。でも読んでいくうちに、口数は少ないけど、みんなが遠慮して言わないでいたようなこととかをブンって言ったりもして、「あっ、意外と芯は強い子なんだな」と思うようになりましたね。—そんな冠の魅力というとどういうところだと思います?

長縄:やっぱり、見た目と性格のギャップですかね。いま言った芯の強さもそうですけど、すごくちっちゃくてかわいいのに大食いだったり、意外と毒舌だったり(笑)。

—長縄さんが冠に共感するところはありますか?

長縄:冠はセリフが少なくて、台本にも「…」って書かれてることが多いんですけど、私も一対一だとしゃべっても、3人以上になると途端にしゃべらなくなるので、高校のころもグループでお昼ご飯を食べてるときは食べるのに徹してたな〜と(笑)、そこは似てますね。みんながしゃべってるのを聞いてるだけで楽しいんですよ。—冠を演じるうえで大事にしていることは?

長縄:冠ってすごくマイペースな子だと思うんです。自分の気持ちややりたいことにすごく真っ直ぐで、だからこそ演じてるときは「冠が本当にしたいと思ってることをやる」っていう気持ちを大事にしてますね。例えば、第1話で花名ちゃんへの誕生日プレゼントについて「来年はもっといいもの渡すから」みたいな話になったときも、それまで黙ってた冠が急に「ホールケーキがいいと思う」みたいな自分の欲を言うっていう(笑)。本当にマイペースで、冠を演じてるときは楽しいです(笑)。—アフレコ現場でのやり取りで印象に残っていることはありますか? キャストさんでもスタッフさんでも。

長縄:音響監督さんが「ここの演技はもう少しこういう感じで」っていうとき、実際に手本をやって見せてくださるんですね。例えば、(近藤)玲奈ちゃんに「もっとウェルカ〜ムって英語な感じで言える?」みたいな感じで「ウェルカ〜ム、ウェルカ〜ム」ってレクチャーされるんですけど、それがおもしろくてみんないつも笑ってます(笑)。


「ごめんね、ゴリラ」と言いたい気持ちでいっぱい!?
—冠に関してもレクチャーはありました?

長縄:レクチャーはあんまりなかったんですけど、私はいっつもどこかでボケたいと思ってて(笑)。アフレコのときも、ちょっと違うだろうなと思いながら、おそるおそるアドリブを入れてみるんですけど、だいたい「いらない」って言われます(笑)。

でも、第1話で名前の由来について話してるときのたまての妄想で、冠がドレス姿でティアラを被って人に讃えられてるシーンがあったじゃないですか。あそこで「アドリブを入れてください」って言われて「この愚民どもがー」って言ったんですよ。そしたらブースの向こうですごく笑ってて、オッケーになって「うれしい!」って思いました。—ほかに本編で、長縄さんのおすすめのシーンを教えてください。

長縄:第2話のスポーツテストで、疲れきった花名ちゃんに、冠が「つかまって」ってかっこよく肩を差し出すところですね。でも結局二人で土手を滑り落ちちゃうのが、「あんなにかっこよく差し出したくせに!」って、画と合わせてすごく面白かったです。あと先の回だとある話数で冠が「ごめんね、ゴリラ」って言うシーンがあるんですね。私はシナリオを読んだときからこのセリフが個人的にツボで、アフレコのときも早く「ごめんね、ゴリラ」って言いたい気持ちでいっぱいでした(笑)。なので、楽しみにしていてください。

—また来週1月24日には、メインキャスト4人が歌うOP曲「ne! ne! ne!」が発売されます。どんな曲なのか簡単に説明してもらえるでしょうか。

長縄:聴いてて優しい気持ちになれる曲ですね。途中に「ねー、ねー、ねー、ねー」ってところがあるんですけど、ここは4人が順番に「ねー」を言うようになってて、こういうところにも友だち同士の優しい感じが出てるなって思いました。それにMVの収録の日は、休んでる時間は4人で携帯で遊んだり写真を撮ったりしてて、なんか青春で(笑)。あの日から、4人の仲がより深まりましたね。




もしペットを2匹飼って名前をつけるとしたら……?
—ここで少し質問の趣向を変えた質問になりますが、長縄さんの高校時代はどんな感じでした?

長縄:高校は女子校だったんですけど、みんなすごく元気でしたね。朝なんかも「まりあ、おはよ〜! 今日もがんばろうね〜!」ってハグしてくるんですよ(笑)。それが平常運転で、私はそんなに元気なかったので「…がんばろう」みたいな(笑)。一番驚いたのは、みんなが廊下を走ってたら、床が抜けちゃったことがあって。—えっ、校舎のですか?

長縄:ちょうど建て直しの時期で、プレハブの校舎だったんです。でもプレハブの床を破壊するくらいに、みんな元気でしたね(笑)。

—次にリレー質問のコーナーに移りたいのですが、前回の嶺内さんからは、以前長縄さんが猫を飼いたいと言っていたということで「もしペットを飼えるなら、何の動物を飼いますか。またなんて名前を付けますか?」という質問をいただいています。

長縄:迷う〜。猫か犬か鳥か……とりあえず猫と鳥、一匹ずつにします。猫の種類はマンチカンで、名前は渋めのがいいので……ペットの名前は、よく歩いてるときに考えてるんですよ、飼ってもないのに(笑)。それでこないだ考えたのが、猫の「清嶺」です。—なんでそんな和風な名前なんですか?

長縄:えー? 捻りが欲しくなりません? 「猫かわいいー、なんていうの?」って聞かれたとき、「なんだと思う?」「えー? ココア?」「違う」「モカ?」「違う」「わかんないよ」「正解は、清嶺でした!」「え? なんでそれにしたの?」っていうのが欲しいんです(笑)。ひと笑い欲しいんですよ(笑)。

—なるほど(笑)。ではもう一匹は?

長縄:鳥枠はオカメインコにします。めっちゃかわいくないですか? 実家が文鳥を飼ってるのもあって、鳥が好きなんですけど、オカメインコって真似して歌うじゃないですか。でも覚えきれてないと、「あれ? 音程わかんなくなっちゃったよお〜」って適当に歌ったあと、「いま間違えた僕……」みたいになってシーーンってなるんですよ。そのこんがらがってる感じが、なんか人間と似ててすごくかわいくて。名前はやっぱり和風がいいんですけど、今風の名前がいいですね。「勇人」とか(笑)。「なんで〜?」「知り合いにもおるんやけど」みたいな反応が欲しいので。

—では、次の(百地)たまて役の伊藤彩沙さんに聞いてみたい質問ですが。

長縄:なんだろう……作品と関係ないのでもいいですか? 「やってみたい実験は?」。なんでもいいです、何かを検証するのでも、爆発するようなのでも(笑)。—(笑)。最後に読者の方へのメッセージをお願いします。

長縄:第2話までご覧の方のなかには、これからどうやって花名ちゃんがみんなと仲良くなっていくのか不安に感じる方もいると思うんですけど、第3話以降は、花名ちゃんももっと心を開いてくるし、たまちゃんはもっとギャグがいっぱいな子になっていくし、それに対する栄依子の優しいツッコミだったり、冠の厳しい対応だったり(笑)、お互いの絆が深まるのと一緒にみんなの表情もどんどん増えていくので、ぜひ楽しみながら見守っていただきたいなと思います。よろしくお願いします。

アニメイトタイムズ

「連載」をもっと詳しく

「連載」のニュース

BIGLOBE
トップへ