「武田真治っぽい?」プチ整形を発表した宮根誠司、プチ炎上の“始末”

1月20日(日)18時14分 アサジョ

 日本テレビの人気情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」の司会を務めるフリーアナウンサー・宮根誠司が、なんと番組で“プチ整形”したことを告白。なんでも、左目の瞼を縫う手術をしたとかで、その“出来栄え”に賛否両論の意見が上がっている。

「“プチ整形”を公表したのは、1月15日の同番組の放送中。実はその数日前に視聴者から『宮根さんの顔が変わった!』とネットでも、ちょっとした騒ぎになっていたんです。本人によると、『右目に比べて左目が小さくなっている』と、母親をはじめ周囲の人たちに指摘され、何かの病気ではないかと病院に行ったところ、単なる“加齢”によるものだと判明。そこで、左目を元のように近づける手術を行ったようです」(スポーツ紙記者)

 宮根の顔の異変については、その前日の放送時から「宮根誠司の顔どうした?」「宮根誠司さんの目がいつもと違う」といったザワつきがツイッター上でも上がっていた。さらには、“アレルギー説”“喧嘩説”など、様々な憶測まで飛び交う事態に発展。本人もこれを受けて番組で告白。医者から「縫えます! 10分で」と言われ手術を受けたと話し、番組で「結果的にプチ整形ですよ」とみずから公表する運びとなった。

「本人は、『左目が眩しいですよ』と、満足げにコメントをしていましたね」(テレビ誌ライター)

 しかし、宮根の思いとは裏腹にネットでは何とも微妙なコメントが流れている。「オネエみたいになってる」「不自然すぎて見てられない」といった声の他にも「くいだおれ人形みたい」「武田真治のまがいものみたい」といった意見も。さらに、「アイドルでも俳優でもないのに何の意味があるんだ」と、整形の行為そのものを否定するコメントまで躍り、“プチ整形”で“プチ炎上”する事態にまで及んでいる。

「驚くことに、宮根は事務所に許可を取らず独断で手術に踏み切ったそうです。本人もここまで大きな騒ぎになるとは、思ってもみなかったのでは…」(前出・スポーツ紙記者)

 番組では最後に「これから(左瞼が)どうなっていくのか楽しみに、ぜひ毎日ご覧ください」と締めくくった宮根。様々な辛口意見はあるが、彼の行為は“プチ整形”をためらっている中年男性に、ある意味勇気を与えてくれたのかもしれない。

(窪田史朗)

アサジョ

「整形」をもっと詳しく

「整形」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ