坂口健太郎、松本潤&有村架純と“禁断の三角関係”を繰り広げる…『ナラタージュ』

1月20日(金)5時0分 シネマカフェ

坂口健太郎

写真を拡大

主演・松本潤×ヒロイン・有村架純で贈る禁断の純愛物語『ナラタージュ』。この度、本作の新たなキャストとして坂口健太郎の出演が決定した。

大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から電話がかかってくる。葉山は泉に、演劇部の後輩のために、卒業公演に参加してくれないかと誘う。葉山は高校時代、学校に馴染めずにいた泉を助けてくれた教師だった。卒業式の日の葉山との誰にも言えない思い出を胸にしまい、彼を忘れようとしていた泉だったが、1年ぶりに再会し、押さえていた気持ちが募っていく。叶わないとわかっていながらも、それでも抑えきれない葉山への恋心。葉山もまた泉への複雑な感情を抱えていた。やがて、大きな事件が起こり、ふたりの想いがぶつかりあったとき、それは痛みすらも愛おしい逃れることができない恋となっていた——。

原作は、島本理生が20歳のときに書き下ろし、発表されるや否や、瞬く間に話題となった同名恋愛小説。「本の雑誌」が選ぶ2005年上半期第1位、2006年「本屋大賞」第6位、2006年版「この恋愛小説がすごい」第1位に輝き、第18回山本周五郎賞候補にも選ばれ、発売から12年たったいまも、新たなファンを増やし続けている人気作だ。

キャストには、「嵐」の松本さんが許されない恋に悩みながらも思いに抗えない高校教師・葉山貴司役、そんな葉山を全身全霊で愛する20歳の工藤泉役を有村さんが演じる。そして今回、泉に想いを寄せ一度は恋人になるも、葉山を忘れられない泉への恋心と嫉妬に揺れる大学生・小野玲二役を坂口さんが演じることが決定。坂口さんといえば、『ヒロイン失格』で注目を浴び、昨年の連続テレビ小説「とと姉ちゃん」やフジテレビ月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」など話題作への出演が続き、また先日より放送スタートした新ドラマ「東京タラレバ娘」にも出演、さらに2月には、シンガー・ソングライターのmiwaとW主演を務めた映画『君と100回目の恋』の公開が控えるなどいま大人気の俳優だ。

脚本に強く惹かれて出演を決めたと言う坂口さんは、「初めて本を読ませていただいたとき、小野君は繊細な男の子で、どこか壊れてしまいそうな、少しづつ歪んでいく感情を表現することが難しそうな役だと感じました」と本作への思いを語る。また監督の行定勲は坂口さんについて、「普段はポーカーフェイスの彼が突然、笑み破顔する顔は誰もが心を奪われ小野の役にぴったりだと思った」と話し、「ある意味、敵役のような存在ながら恋に苦悩する彼の表情に切なさが何度もこみ上げる瞬間がありました。未来が楽しみな俳優に出会えました」とコメントしている。

『ナラタージュ』は10月、全国にて公開予定。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ナラタージュをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ