『バイオハザード:ザ・ファイナル』38億円を突破! 前作『リトリビューション』超え

1月20日(金)15時30分 シネマカフェ

『バイオハザード:ザ・ファイナル』

写真を拡大

ミラ・ジョヴォヴィッチが主演する「バイオハザード」シリーズ最終章『バイオハザード:ザ・ファイナル』。この度、1月19日(木)までの累計興行収入が3,822,498,000円、累計動員は2,594,307人を記録したことが分かった。

「48時間で人類は滅びる」とレッドクイーンに告げられるアリス。その言葉を体現するかのように、宿敵アンブレラ社が放った絶望的な数のアンデッドが地上を埋め尽くしていく。人類滅亡のカウントダウンが始まったのだ。アリスはすべての物語がはじまった地=ラクーンシティへ戻る。生き残った仲間クレアやコバルトらと共に、アンブレラ社の心臓部である「ハイブ」を壊滅させるため、いま、最後の戦いが幕を開ける——。

昨年12月23日より世界最速公開となった『バイオハザード:ザ・ファイナル』。本作は、初日から3日間の累計興行収入は978,155,900円を記録しており、シリーズ最高興行収入47億円を上げた4作目『バイオハザードIV アフターライフ』の週末3日間累計興行収入対比で110%、本作はシリーズ最高の週末3日間オープニング成績を記録。さらに、3週連続興行収入No.1でお正月興行を制覇した。

また、今回発表された公開28日目である今月19日(木)までの興行収入は、累計興行収入38.1億円を記録したシリーズ前作『バイオハザードV リトリビューション』を超えたこととなる。

『バイオハザード:ザ・ファイナル』は全国にて公開中。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

バイオハザードをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ