『龍が如く』シリーズのサントラが1月9日よりSpotifyで配信中。真島のアニキが歌う「24時間シンデレラ」入りのプレイリストやJOYSOUNDでのカラオケ配信も

1月20日(月)19時8分 電ファミニコゲーマー

 Spotifyではセガゲームスの『龍が如く7 光と闇の行方』(以下、龍が如く7)の発売を記念して、1月9日(木)より、『龍が如く』シリーズの歴代サウンドトラックを配信中だ。また、シリーズの主要キャラクターをイメージした公式プレイリストも公開されている。

 『龍が如く』は、セガゲームスが2005年から発売しているアクションアドベンチャーゲームのシリーズだ。実在の繁華街をイメージした街並みの中で、戦闘を行ったり、さまざまなミニゲームを楽しめるのが特長となっている。そして、『龍が如く3』(2009)から登場するカラオケも作品を楽しむ上で欠かせない要素のひとつだ。

 1月9日に追加されたのは、『龍が如く 見参!』(2008)などのスピンオフ作品を含む計9作品のサウンドトラック。また、最新作の『龍が如く7』が発売された1月16日(木)からは、同作のカラオケ定番曲を集めた4種類のアルバムが配信されている。

 さらに、「桐生一馬」「真島吾朗」「春日一番」「澤村遥」の4名をイメージしたSpotify公式のプレイリストも公開されている。こちらには、真島吾朗(CV:宇垣秀成)の歌う「24時間シンデレラ」や、桐生一馬(CV:黒田崇矢)の歌う「JUDGEMENT -審判-」などが入っており、シリアスの中にもシュールさが入り混じったシリーズの雰囲気を味わえる。

 最後に、JOYSOUNDでは『龍が如く7』に収録されている、新規書き下ろしのカラオケ楽曲3曲を配信中だ。こちらはゲーム内の映像演出付きで歌うことができる「ゲーム映像付き(ショートサイズ)」だけでなく、フルサイズの音源でお楽しみいただける「通常映像(フルコーラス)」が登場している。JOYSOUNDを置いているカラオケ店に行く際はチェックしてみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。

電ファミニコゲーマー

「龍が如く」をもっと詳しく

「龍が如く」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ