「テニプリ」作者がモデル顔負けのポージング披露 ファン「写真集欲しい!」

1月20日(火)19時25分 J-CASTニュース

ツイッターに投稿された許斐さんのポージング

写真を拡大

   テニス全豪オープンの取材でオーストラリアを訪れている、漫画家の許斐剛さん(44)の旅行姿が「ジャンプSQ.編集部」のツイッターで投稿され、話題を集めている。

   ノースリーブのセクシーな衣装に身を包み、モデルのようにポーズを決めてメルボルンをかっ歩する姿を見たファンからは「写真集欲しいです(>_<)!」という声まで上がっている。


セクシーな衣装でメルボルンをかっ歩



   許斐さんは週刊少年ジャンプで連載され、アニメ、映画化するなど大ヒットした「テニスの王子様」(通称:テニプリ)で知られる漫画家。錦織圭選手が出場する全豪オープンの取材のため、2015年1月18日からオーストラリアを訪れている旅行の様子が「ジャンプSQ.編集部」の公式ツイッターアカウントで投稿されている。


   「許斐剛inメルボルン」と題された7枚の写真は、黒のノースリーブパーカを着て街中を歩いたり、ホテルの窓辺でたたずんでみせたり、さながらモデルや俳優のようにポーズを決めた姿がとらえられた。


   当初、許斐さんはツイッターで、「な、ちょっと...由井くん(編注:同行する担当編集者)!?な、何...許斐剛inメルボルンって...?」と困惑した様子を見せたが、すぐに「プロのカメラマンみたいに細かく指示してくれて☆」とポーズをばっちり決めた写真を自身のツイッターにも投稿した。


   一連の写真は投稿後まもなく、「先生かっこいいです!」と大きな反響を呼んだ。


「モデルさんみたいです ちょっとした写真集できそうですね!!」

「写真集欲しいです(>_<)!」

と早くも写真集を待望する声まで飛び出している。


錦織に必殺技を伝授?


   自らの顔や写真をファンに公開することを避ける漫画家は少なくないが、許斐さんはこれまでも惜しげもなく、その姿を披露してきた。単行本に自身の写真を掲載することが多く、テニプリ実写映画では1シーンのみながら出演している。


   18日放送の「NHKサンデースポーツ」では、錦織選手が著作を読んでいたという縁から特集コーナーにVTR出演。「1度も勝っていないナダル選手に勝ってほしい」とエールを送った。さらにナダル対策として、「超低空の超回転をかけたドロップショット」と語る、石がポンポンとはねるイメージで「ストーンK」と名付けた必殺技アイデアを披露した。


   一連のメディア露出にファンからは「この作者だからあのテニプリなんだよな、と思うわ。許斐はこのままでいい」「たしけ(編注:許斐さんの愛称)は僕達を裏切らない」と喜んでいる。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

写真集をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ