突如姿を消したグラドル・鷹羽澪、格闘家の羅王丸と結婚していたことが判明!

1月20日(水)10時0分 メンズサイゾー

 ジュニアアイドルとして活躍した後、12年に改めて芸能界デビューを果たしたIカップグラドルの鷹羽澪(たかば・みお/22)。スリーサイズが上からB99・W60・W90(cm)という爆裂ボディで多くの男性ファンを虜にしたが、昨年突如活動休止のウワサが飛び交うと、公式ブログは閉鎖され、所属事務所のHPからもプロフィールが削除された。


 そんな鷹羽が結婚していたことが判明し、グラドルファンの間で話題になっている。


 鷹羽の結婚を明かしたのはグラドルの繭(旧芸名・三井麻由/26)。16日更新の公式ブログの中で、繭は鷹羽と一緒に舞台を観劇したことを報告しながら、「鷹羽澪ちゃん、新婚ほやほやでとっても幸せそうでした もう業界の後輩ではありませんが、私にとってはずっと変わらず妹のような存在です」と投稿したのだった。


 これを受けて大手掲示板には、「鷹羽澪、結婚していた」といったスレッドが立てられ、グラドルファンから「急にいなくなったから心配していたけど、そういうことだったのか」「芸能界復帰はもうないの?」「幸せそうならファンとしても嬉しいが...」などと複雑な心境を思わせるコメントが相次いだ。


「鷹羽さんといえば、グラドルの登竜門といえる日テレジェニックの候補生に選ばれたほか、昨年1月に発表された『週刊プレイボーイ』(集英社)の"グラビアアイドルボイン番付"で、岸明日香(24)や星名美津紀(19)といった巨乳人気の高い強敵をおさえて横綱に選出されるなど、次世代のグラビア界を担う逸材として大きな期待が寄せられていました。


 しかし、昨年の7月1日を最後に公式ブログの更新が途切れ、彼女の誕生日である8月30日にも音沙汰がなく、多くのファンが心配していた。その後も公式な発表がないままで、ネット上にはさまざまな憶測が飛び交いました。中には刑事事件に巻き込まれたのではないかといった物騒なウワサもあり、今回結婚したことがわかって安堵しているファンも多い。まあ、ネットを見るに復帰を望む声が1番大きいですがね」(ネットライター)


 2015年は、『ミスFLASH 2012』のファイナリストである清水みさと(23)や、ムッチリボディで男子の心をくすぐる水樹たま(30)、170センチの長身とFカップバストで人気の池田夏希(28)など、事務所を移籍したり独立するグラドルが目立った。そうした状況もあって、鷹羽の活動休止は一時的なものだと楽観視していたファンもいたようだ。


「東京スポーツによると、鷹羽さんの結婚相手は格闘技団体・RISEに参戦中のキックボクシング選手である羅王丸さん(30)で、昨年の暮れに披露宴が行われたようです。羅王丸さんの公式ブログを見ると、ウエディングドレスを着て幸せそうな笑顔を浮かべる鷹羽さんが確認できます。この羅王丸さんは、かつて『テラスハウス』(フジテレビ系)に準レギュラー的に出演したこともありましたね。


 東スポの取材に鷹羽さんが所属していた事務所の社長がコメントを寄せていますが、そもそも活動休止したのは社会勉強のためだったとのこと。復帰後はバラエティ展開を考えていたが、休養期間期中に鷹羽さんから『結婚したい』との報告を受けて、芸能界からの引退を促したようです。今後については明言していませんが、鷹羽さんからのコメントがないところを見ると、復帰の可能性は低いのではないでしょうか」(芸能ライター)


 鷹羽の芸能界卒業は円満なものだったといえそうだ。ただ、繭のブログなどで幸せな笑顔を見せてほしいと願うファンも多いことだろう。
(文=愉快)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

結婚をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ