元アイドルのアラフォー女5人「本音トーク」が必見の映画

1月20日(土)10時1分 まいじつ


映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『ピンカートンに会いに行く』


配給/アーク・フィルム 1月20日より新宿武蔵野館ほか全国順次公開

監督/坂下雄一郎

出演/内田慈、松本若葉、山田真歩、水野小論、岩崎未知ほか


アラフォー女性の本音トーク炸裂! こういう設定の作品なら何より生身感あふれるセリフの応酬が命だろう。その点この映画、相当成功している。一気呵成、ぶっちゃけ面白い!


ブレイク寸前で突然解散した伝説のアイドルグループ『ピンカートン』が、過去の彼女たちに憧れていたレコード会社の社員・松本(田村健太郎)の呼び掛けにより、20年の時を経て再結成を目指す。リーダーの優子(内田慈)はコールセンターに務めながら細々と売れない女優をやっているが、プライドだけは超一流。だが、メンバーで一番人気だった葵(松本若葉)は行方不明。他の3人の美紀(山田真歩)、かおり(水野小論)、葉月(岩野未知)は芸能界を去り、専業主婦などに収まっていた…。再結成は相当に前途多難、さらに解散の主な原因がリーダーの優子にあり、またひと悶着が起こる。


この映画の勝因は、設定を今は単なるオバサンの“アイドル崩れ”5人衆にしたことだろう。20年前も、今も楽屋裏で飛び交う売れないアイドル候補生や“アイドル崩れ”たちが売れっ子アイドルを容赦なくクサす過激なトークの数々もすごい。『死ね』『殺す』などなど、例えば『靴の裏みたいな顔のブスのくせして、なまじ売れると勘違いしちゃって、見ていてツラい』とか、自分の境遇をさておいてのセリフがメチャ生きている。劣等感と嫉妬と羨望が入り乱れている。



絶妙な「さじ加減」のコメディー


複雑で、皮肉で、悲哀含みで、アイドル、元アイドルを俎上に上げて料理した監督・脚本の坂下雄一郎は『エキストランド』(2017年)などオリジナル脚本で勝負する若手で、その心意気やヨシ。上映時間90分前後が理想というのも分かってるねえ。ちなみに、この映画も86分ポッキリ。話はサクサク進むしね。参考にしたのはビリー・ワイルダーやウディ・アレンなど喜劇の名匠たちの諸作だそうな。さすがに及ばないまでも、その心意気は十分伝わる。


筆頭ヒロインの内田慈の根性ヒン曲がった感がもう抜群。『恋人たち』(2015年)、『下衆の愛』(2016年)などシリアスな作品がこれまで目立ったが、コメディエンヌとしてイケる。性格も現在の環境もバラバラの他の4人とのトークバトルも、悶絶必至で冴えわたる。知名度抜群とは言い難いが、演技派の個性的女優5人そろい踏みは壮観ですらある。大いに笑わせてもらった。


こんな状態で、彼女たち再結成なんてできるのか? という疑問符を抱きつつ、最後は大団円…とはならないのがこの映画のイイところ。闘い済んで、日が暮れて、やがて哀しき、のペーソスもある。このさじ加減!



まいじつ

「アイドル」をもっと詳しく

「アイドル」のニュース

BIGLOBE
トップへ