市川海老蔵が「小林麻央さんとの思い出」で隠してしまいたいこと

1月20日(土)10時30分 まいじつ


(C)まいじつ



妻であった故・小林麻央さんに対する市川海老蔵の愛情が、何やら怪しくなってきた。


海老蔵に密着した番組では麻央さんについて「いまの方が寂しい」と話し「麻央にLINEするんです。もちろん既読にならないし、返信も来ないけど。寂しいけど僕のなかでは成立する…」と明かした。いかに麻央さんを愛していたのか、自ら語ったのだ。しかし、これは批判された。


「本当に愛していたのなら、私的なことは自分の心にしまっておけばいいでしょう。テレビで告白することが『売名に等しい』と非難を浴びたのです。麻央さんにLINEしているのを明かして、視聴者に理解を求めているようにも感じます。自分の私生活を切り売りしているだけでしょう。故人の話を持ち出すのは“話題作り”でしかない。麻央さんがかわいそうです」(芸能関係者)


さらに海老蔵は「僕は、弱音は吐いたことはあまりないんです。でも麻央と結婚して、妻には『つらいんだよね』とか言えたんだよね。言えなくなったのでLINEしている」と語った。



海老蔵の周辺にちらつく米倉涼子の影


海老蔵がこういった話をするのには理由があるようだ。


「海老蔵は、麻央さんと結婚する前に交際していた相手が米倉涼子で、彼女のことが一番好きだったといまでも言われます。現在、その米倉と復縁するのではないかという噂が囁かれているのです。麻央さんとの思い出話をすることによって、話題を逸らせようとしているのです」(女性誌記者)


今年発売の一部週刊誌が、麻央さんのために借りた東京都内のマンション付近に、米倉が出没したと報じた。


「海老蔵は都内に一軒家を持っていて、週刊誌に書かれたマンションは家賃が月に170万円もする賃貸物件です。麻央さんの療養のために借りた物件を、いまだに借り続けているのは不自然でしょう。米倉と密会する場として残しているのかもしれないといわれているのです」(同・記者)


今後も不審な行動が明らかになるかもしれない。



まいじつ

「海老蔵」をもっと詳しく

「海老蔵」のニュース

BIGLOBE
トップへ