マンウィズ初コンピのジャケ写、米インディー・リリースのEP盤も。

1月20日(月)13時52分 ナリナリドットコム

“オオカミバンド”MAN WITH A MISSIONが全米デビューに先駆け、2月12日にリリースする初のコンピレーション・アルバム「Beef Chicken Pork」のジャケット・ワークが公開された。

同アルバムは「FLY AGAIN」や「Smells Like Teen Spirit」を始めとするライブに欠かせない代表曲で構成されており、「DON'T LOSE YOURSELF」「NEVER FXXKIN'MIND THE RULES」「Get Off of MY WAY」「distance」の4曲は全英語詞で録音し直したバージョンを収録。タイトル通りメイン・ディッシュの詰め合わせといった内容だ。

アートワークは日本を代表するクリエイターでもあるCentral67が担当。20ページにわたるブックレットは、海外でのメンバー写真がふんだんに使用された魅力的な内容となっているようだ。

また、2014年秋のEpic Recordsからの米メジャーデビューに先駆けて、3月4日に米国でリリースされるEP盤「Don't feel the distance e.p.」の収録内容とジャケット写真も公開された。

同作は代表曲である「FLY AGAIN」を始め、前述の「distance」「Get Off of MY WAY」の英語詞バージョン、さらには「distance」のリミックスを収めた4曲入りのEPで、RED Distributionを通じてのインディー・リリースとなる。

すでに、日本国内でのサード・アルバム「Tales of Purefly」が3月12日にリリースとなることと、それを引っさげてのジャパン・ツアー「Tales of Purefly Tour 2014」が3月24日からスタートすることも発表されている彼ら。今年もオオカミたちの動きから目が離せなそうだ。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

アルバムをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ