南アのマンデラ自伝を映画化、「マンデラ 自由への長い道」5月日本公開。

1月20日(月)6時13分 ナリナリドットコム

2013年12月5日に逝去した、南アフリカ共和国第8代大統領ネルソン・マンデラの同名の自伝を映画化した「マンデラ 自由への長い道」が、5月24日より公開される。

アパルトヘイト(人種隔離政策)下の南アフリカ共和国において、反アパルトヘイト活動の指導者として国家反逆罪に問われ、27年間の獄中生活を強いられてもその闘志は絶えることなく燃え続けたマンデラ。自伝「自由への長い道」(NHK出版)を実写映画化した本作は、誰もが知る彼の功績の陰にある、ひとりの人間の理念に基づいた生き様のみならず、最愛の妻の知られざる闘争さえも、激しく、美しく、そして時に厳しく謳いあげるヒューマンドラマに仕上がっている。

監督には英国の新鋭ジャスティン・チャドウィック、マンデラ本人を青年期から通して演じるのは「プロメテウス」(2012年)や「パシフィック・リム」(2013年)のイドリス・エルバ、マンデラの妻ウィニーを「パイレーツ・オブ・カリビアン:デッドマンズ・チェスト」(2006年)、「パイレーツ・オブ・カリビアン:ワールド・エンド」(2007年)、「007/スカイフォール」(2012年)のナオミ・ハリスが演じている。

また、実際に南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領とも親交のあった、世界的なロックバンド“U2”のボノが、この作品のために新曲「オーディナリー・ラヴ」を書き上げた。主題歌を含むオリジナル・サントラ盤は、ユニバーサル・レコードより3月5日発売の予定だ。

映画「マンデラ 自由への長い道」は5月24日(土)全国公開。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

映画をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ