E-girls佐藤晴美が初の「Ray」単独表紙

1月20日(金)13時28分 ナリナリドットコム

E-girlsのパフォーマー・佐藤晴美(21歳)が、ファッション誌「Ray」(主婦の友社)1月23日発売号で、初の単独表紙に起用されたことがわかった。表紙では、E-girlsのパフォーマーとしてのクールな一面とは違う、やわらかく可愛い表情を見せている。

1か月ほど前に日程が決まったという今回の表紙撮影。佐藤は「あぁ、撮影日が来る〜」と毎日ドキドキしていたそうで、撮影前日は緊張で3時間しか寝られなかったという。カバーガールの「ハダカのはるお」企画では、表紙撮影について「やっぱりすごい不安だった! でも同時にすごい楽しかったです!」「念願だったカバーを飾ることができて、モデルを始めてから目標にしていたことがまたひとつ叶いました」と正直な思いを語るとともに、モデルとして、パフォーマーとして“素”の部分に迫るロングインタビューに答えている。

さらに、DreamのAmi、HappinessのSAYAKA、Flowerの中島美央、武部柚那、石井杏奈たちE-girlsメンバーがゲストで登場。「最近のはるおくんのドジっこor天然エピソードってある?」「“私しか知らないはるおの素顔”を教えて!」などの質問に、仲間だからこそ分かるエピソードを交えて答えている。

そして、「半径30cm以内のはるお。」では、ぐぐ〜っと大接近した写真とともに、佐藤のチャームポイントのパーツを公開。さらに「はるおの“素”。」では家族のこと、オフのことなどに加え、“理想のカレ像”などのプライベートについても素直な言葉で語っている。

初の単独表紙について佐藤は「初めての単独での表紙が決まった時は、夢の一つが叶った瞬間でもあったので本当に嬉しかったです!! それと同時に責任感や、そこから生まれる不安も、もちろん凄くありますが、たくさんの方に手にとっていただけるように、気持ちを込めて撮影したので、是非多くの方に届いてほしいです!! 表紙だけでなく中ページも、編集部の方とこだわりながら撮っていただいたので、いつもRayで見せている感じとはまた違うファッションだったり表情だったりが出ていると思うので、楽しみにしていただきたいです!」と、喜びいっぱいのコメントを寄せた。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

E-girlsをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ