松本人志、指原莉乃に対する“炎上発言”に見解

1月20日(日)13時21分 ナリナリドットコム

お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(55歳)が、1月20日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演。炎上状態となった、アイドルグループ・HKT48指原莉乃(26歳)に対しての発言について、自身の見解を述べた。

この日、前回放送で物議を醸した発言について触れられ、「僕は今日はというか、今日をもってですね、無口なコメンテーターとして。新しいジャンルで。ギャラ泥棒になっていこうかなと思ってるんですけど」と切り出した松本。

松本は番組で発言をカットすることもできたが、番組では松本の発言を基本的にカットせずに使っていく方針でやっており、鬼のようにすべったため、恥ずかしくて早く家に帰りたかったとコメント。

そして松本は「炎上は、この先も僕はしていくと思うんです。これはしょうがない。炎上で得られるものもあるし。こういうときに消火器を持って駆け付けてくれる人がよく分かるしね」と、炎上後にTwitterなどで松本に絡んだ指原や、高須克弥氏、三浦瑠麗氏について言及した。

そして松本は「それなりに親しくても、テレビ出たときはもうちょっと堅苦しくしゃべらなあかん世の中になってきたのかな」と語った。

ナリナリドットコム

「松本人志」をもっと詳しく

「松本人志」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ