高橋克典、主演ドラマで炎&水を使ったアクションも「もっと面白いものを」

1月20日(月)5時0分 オリコン

ドラマスペシャル『庶務行員・多加賀主水4』(2月16日放送)主演の高橋克典、夏菜のコンビで第4弾(C)テレビ朝日

写真を拡大

 俳優の高橋克典が主演するテレビ朝日系ドラマスペシャル『庶務行員・多加賀主水4』が、2月16日(後9:00 〜 11:05)に放送される。高橋が銀行の“雑用係”という異色のヒーローを演じる人気ミステリーシリーズ。第2作からアクションシーンが大きな見どころとなっているのだが、高橋は「連続放火事件が起きる今回は、放水シーンや、炎の中から“ある人物”を救出するシーンにも挑んでいます!」とアピールしている。

 同作は、曲がったことは許さない、忖度とは無縁の熱い正義感ゆえに、世界を放浪するハメとなり、ワケあって現在は第七明和銀行高田通り支店で“庶務行員”として勤務する多加賀主水(たかが・もんど)が、巨悪に対抗する姿を描く。原作は元銀行マンという経歴を持つ作家・江上剛氏の人気シリーズで、2017年10月、19年2月、11月にドラマスペシャルとして放送された。

 第4弾となる本作では、主水がいきなり警察から任意同行を求められるという衝撃のシーンから幕を開ける。実は、主水のトレードマークでもある“狐の面”をつけた放火魔が出現。その謎の男により、町の嫌われ者たちの自宅に次々と火が放たれる事件が発生した。“高田稲荷神社の遣い”を騙る、放火犯の正体とは!? その背後には黒い策略がうごめいていて…。主水が衝撃の真相を暴き、街の人々の心とお金を救う。

 メインゲストは、市毛良枝と岡田義徳。第1弾から主人公を手助けする女性行員・生野香織役の夏菜、第3作から支店長・山内貴恵役で出演する高島礼子らレギュラーメンバーも集結。謎に満ちた事件と心温まる人情を描いた、スリリングな物語が展開していく。

 第1作より「毎回、ゼロからスタートする気持ちで、“次回はもっと面白いものを…”と試行錯誤しながら続けてきました」と、“主水”というヒーロー像を模索してきた高橋は、第4弾の実現に「“また、この作品に臨むことができる”“今度はもっとしっかり作品作りをするぞ”という思いがわいて、うれしかったですね」と意欲を燃やしていたことを告白。

 本作では放火事件だけでなく、“迷惑行為動画のネット拡散”や“ゴミ屋敷”、“パワハラ”、“ネグレクト(育児放棄)”など、現代社会を取り巻くさまざまな問題も描かれる。さらに、主水が華麗な立ち回りで悪党を退治する殺陣シーンはもちろん、“火災現場からの救出シーン”、“放水シーン”など、炎や水を使った迫力満点のアクションも大きなみどころとなっている。

 “視聴者に王道ミステリーを楽しんでもらいたい”という強い思いを本シリーズに込めてきた高橋らしく、「本作では、2時間ドラマファンの皆さんが愛してくださるようなキャラクターをより意識しました。ちょっと“おじさん”っぽく演じてみようと思い(笑)、スーツの色をグレーにしたり、髪の毛もおろしたり…。今回、ようやく多加賀主水というキャラクターを完成させることができたと思っています」と、手応えを語った。

 高橋の相棒役を演じる夏菜も「こんなに長期にわたってひとつの役を演じるのは初めて。貴重な体験なので素直にうれしいです」と第4弾のオファーに大喜び。本作ではキャバクラ店に潜入捜査するというアクティブな活躍を見せる。

 そのロケ先は奇しくも、夏菜が2006年のドラマデビュー作(『ガチバカ!』/TBS)で高橋と初共演を果たした際の思い出の店。「いちばん最初に克典さんと学園ドラマでご一緒したとき、私の役柄が高校生でありながらキャバクラでアルバイトをして先生に見つかるという設定だったんです。今回のロケ先が当時と同じお店だったこともあり、思い出が鮮明によみがえりました。まさに“運命”ですね!」と意外な縁を明かしていた。

 そんな夏菜とのコンビに高橋は「香織も、個性が際立ってきました! やっぱり夏菜さんは明るいので、アクティブに動いてもらうのが面白い。最新作では主水と香織、このメイン2人のキャラを具体的に形づくることができたのが収穫でした」と、最新作への自信をのぞかせた。

オリコン

「高橋克典」をもっと詳しく

「高橋克典」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ