羽田美智子、キャイ〜ン天野と夫婦役 『花嫁のれん』チームが集結

1月20日(月)14時52分 オリコン

大人の土ドラ4月期新ドラマ「隕石家族」がクランクイン(C)東海テレビ

写真を拡大

 女優の羽田美智子が、4月11日からスタートする東海テレビ・フジテレビ系『オトナの土ドラ』シリーズ第25弾『隕石家族』(毎週土曜 後11:40)に主演することが、わかった。羽田主演の人気昼ドラ『花嫁のれん』シリーズのスタッフが集結。羽田は半年後に巨大隕石が落下することを予告され滅亡寸前の地球で暮らす主婦・門倉久美子を演じ、夫・和彦役にはキャイ〜ンの天野ひろゆきが起用。長女・美咲役には泉里香、次女・結月役には北香那、義母・正子役には松原智恵子が決定した。

 世田谷の住宅街の一軒家で、大手電機メーカー勤めの夫と二人の娘、そして、同居している姑との五人家族のなか、母として妻として久美子は、平凡な毎日に幸せを感じていた。が、そんなある日巨大隕石が地球に接近。滅亡まであと半年となるなか自分の本音と向き合った久美子は家族に“主婦卒業”を宣言。高校時代の憧れの彼との熱い恋を夢見て走り出す。母のビッグバンが幸せな家族をブラックホールに突き落とす、地球最後の“スペクタクルホームドラマ”を描く。

 脚本の小松江里子氏やプロデューサーとは『花嫁のれん』以来のタッグとなる羽田は「戦友のような信頼関係があり、またこのチームでお仕事をさせていただけることをとてもとてもうれしく思いました。本も読まずに『やりたい! やらせてください!』とお返事させていただきました」と快諾。人生の終わりが唐突に迫る中、本音をさらけだす主婦役に「『正直に生きる』は果たして皆に迷惑をかけるのか? 自分を大切にするということと、勝手に生きるということの、ちょっとした違いを演じられるといいなと思っています」と気合を入れている。

 そんな久美子の夫で地球最後の時は門倉家全員そろって迎えたい和彦を演じる天野は「今回のオファーは、私にとってはうちの近所に隕石が落ちたぐらいの衝撃でした!」と驚き。「人間追い込まれたときにその人の本当の姿が分かる、ということでしょうか。人は本能がむき出しになったらどうなってしまうのか、このドラマを通じて伝えられればと思っています」とコメント。

 また「羽田さんとは以前に夫婦の役をさせていただいたり、バラエティー番組でも共演させていただいたりと、何度かご一緒させていただいています。いつもたくさん笑ってくださるので大変ありがたい存在です。少し天然なところがとてもチャーミングな方だと思っています」と印象を明かしている。

 このほか、結月の彼氏でカフェでアルバイトをしているイマドキ男子・森本翔太役に中尾暢樹、カフェ店長で世の中の大パニックをどこか楽しんでいる古代鉄郎役にブラザートム、高校時代の久美子の同級生・片瀬清人役を中村俊介が演じる。

オリコン

「羽田美智子」をもっと詳しく

「羽田美智子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ