注目ワードたつき・監督 安倍晋三・首相 接客・アプリ 南海トラフ・政府 貯金・老後 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

Negiccoなど地方アイドルが盛り上がりをみせる中...2015年ブレイク必至の地方アイドル5組を厳選!

おたぽる1月20日(火)7時0分
画像:2015年注目の地方アイドルたち。
写真を拡大
2015年注目の地方アイドルたち。

——さらなる多様性を見せるアイドルシーンにおいて、再び地方アイドルの存在感が高まりつつある。文化として地方アイドルが定着したのもあるが、地元に根差した活動で、周囲の動きに惑わされず着実に実力を伸ばしていることが大きな理由だろう。そこで「TopYell」(竹書房)や「月刊エンタメ」(徳間書店)などのアイドル誌で記事を執筆、年に一回のアイドルムック「アイドル最前線」(洋泉社)では編集にも携わるフリーライターの猪口貴裕氏が、2015年に活躍が期待される地方アイドル5組を独断と偏見でピックアップ!

 2014年のアイドルシーンで個人的に大きなトピックスの一つが、12月2日にNegiccoがリリースしたシングル「光のシュプール」がオリコンのウィークリーランキングで5位を獲得したことだ。昨年はシングルをリリースする毎にランキングを上げ、初のトップ10入りが期待される中で結果を残したのであり、それを結成12周年目にして成し遂げたのが何よりの快挙だった。また、2013年から西寺郷太、小西康陽、矢野博康、田島貴男と手足れの音楽プロデューサーを招き、シングルのリードトラック制作を行ってきたが、グループ結成当時からNegiccoのプロデューサーを務めるconnieが「光のシュプール」の作詞・作曲を担当したことも感慨深かった。

 昨年はAKB48の大島優子やモーニング娘。の道重さゆみなど、長い歴史を誇る人気グループから次々と中心的メンバーが卒業した。またBiS、AeLL.、bump.yなど全国的な知名度を持ったグループが解散もしくは活動休止となり、結成11周年目のBerryz工房も2015年3月3日から無期限活動停止に入ることを発表した。長くアイドル活動を続けるのが、いかに困難なことかを考えさせられる1年だった。

 さらなるステップアップを求めて東京に拠点を移す地方アイドルが多い中、Negiccoはメンバーの入れ替わりはあったものの、結成から現在まで地元・新潟県に拠点を置いている。現在の所属レーベルである「T-Palette Records」に至るまでいくつかのレーベルを渡り歩いてきたが、その姿勢は一貫して崩さなかった。楽曲の洗練度と反比例するように、今もデビュー当時と変わらぬ、初々しくて素朴な雰囲気を保っているのは地元在住なのが大きいだろうし、それがNegiccoの愛すべきキャラクターにも繋がっている。地方アイドルというポジションにこだわったからこそ、Negiccoのアイデンティティーがあるのは間違いないだろう。演歌歌手を彷彿とさせるNegiccoの地道でブレのない歩みは地方アイドル、ひいてはアイドル全体の指針になるはずだ。

 Negicco以外にも、昨年は仙台のDorothy Little Happyや大阪のEspeciaが高クオリティの楽曲を世に送り出して、これまで以上に高い評価を収めた。また福岡のGALETTeや福井のせのしすたぁ、山口の山口活性学院などもエネルギッシュなパフォーマンスが口コミで広がり、東京のアイドルシーンでも広く知られる存在になった。かように2014年はあらためて地方アイドルの多様性と底力を見せ付けられた1年でもあった。
 
 まだまだ地方には未知のアイドルグループがいくつも存在する。そこで2015年にブレイクが期待される地方アイドル5組を独断と偏見でセレクトした。

【Fleurette(フルーレット)】滋賀県

 2013年12月結成の女子中高生7人組で、新人離れした統率力から生み出される一糸乱れぬチームダンスはチアリーディングのようにエネルギッシュで、コンセプトに掲げてある「ちょこまか系アイドル」からは想像もつかないほどパフォーマンスは堂々としたもの。歌唱力も高く、しっとりと聴かせる曲から、アイドルらしいキラキラしたポップチューンまで巧みに乗りこなす。2014年にリリースした3枚のシングルは、どれもライブ映えするポップチューンだが、中でも最新シングルの「ハートの引力」は野宮真貴時代のピチカート・ファイブを彷彿とさせるメルヘンなトラックにメンバー個々の声質を活かした絶妙な歌割りが冴え渡る。昨年12月末に初めて東京進出を果たしたが、彼女たちの高い実力が知れ渡れば、すぐにファンがつくだろう。

【Star☆T(スタート)】愛知県豊田市

「豊田の元気と魅力を全国に届けよう!」をキャッチフレーズに2011年12月にデビューしたキャリアの長いグループ。豊田市役所や警察署、豊田市観光協会などと連携した活動を活発に行う地域密着型で、豊田市の知名度は高いが、東京進出は2014年。初の東京遠征ライブ「第3回熱闘アイドル甲子園」の優勝を皮切りに、定期的に東京でライブを行い、初の全国流通盤シングル「ハイブリッドガール」もリリースした。オーディションによって出場権を得たアイドルフェス「@JAM EXPO 2014」ではオープニングアクトを務め、躍動感溢れるフォーメーションダンスと、アッパーからミディアムまでバランス良く楽曲を配置したセットリストが強烈なインパクトを残した。メンバーは中学生から成人までいるが、まとまりがあってMCからもグループの雰囲気の良さが伝わってきてほっこりする。"豊田の美人三姉妹"としてアイドルファンの間でじわじわと人気が高まっている橋本三姉妹が在籍するのもポイント。

【DIANNA☆SWEET(ディアナスウィート)】愛知県名古屋市

 2013 年11月に1st シングル「初恋Revolution」でインディーズデビューした名古屋発の6人組ガールズユニットで、「スイーツのように可愛らしく」というコンセプトに沿った同曲は随所にメンバーの舌足らずなセリフが挿入された、いかにもアイドルらしいパーティーチューン。しかし翌年3月にリリースした2ndシングル「SPIDER LOVE」は焦燥感を煽るようなシンセサウンドにボイスエフェクトをかけたメンバーの歌声を乗せるという前作とは対照的な攻撃的とも言える楽曲をぶつけてきた。ラップを取り入れた3rdシングル「ICE CREAM MAGIC」ではエレクトロ色を強め、歌とダンスはセクシーに変化。和楽器を導入した今年1月21日発売の「DEEP SNOW」は、よりアダルト色を強めた妖しいミディアムチューンに仕上がっている。曲毎にイメージを変えているが散漫な印象は与えず、むしろ変化することがグループの持ち味となっている。平均年齢14歳ということもあって顔立ちには幼さも残るが、ライブパフォーマンスは艶やかさも漂い、初期の東京女子流を彷彿とさせる。

【ミライスカート】京都府

 京都を拠点に活動するレトロフューチャーアイドルユニット。2013年まで活動していた同名グループを引き継ぎ、オーディションで選ばれた新たな4人で2014年6月27日、音楽クリエイターチーム・agehaspringsのプロデュースで活動開始。まだ活動歴半年で歌やダンスに拙いところはあるが、はんなり京都訛りの煽りや客を巻き込んだ「ミラ!」という合言葉で会場内は暖かい一体感に包まれる。「未来ノート」はスペーシーなエレクトロに合わせてキュートなダンスを繰り広げる代表曲。間奏部では客席とのコール&レスポンスが幾度も交わされてライブで最も盛り上がる曲だ。「ハンナリ☆スター」はいなたい四つ打ちビートに和テイストのメロディーが融合したオリエンタルな1曲。今年2月11日リリースの最新シングル「ナモナイオト」はagehaspringsらしいカラフルなサウンドと4人のはつらつとしたハーモニーが清々しい。5月6日には初のワンマンライブが京都で開催されるのが決まっている。

【キャラメル☆リボン】大阪府

 2009年1月、大阪の老舗アクターズスクール「ESSEアカデミー」内で結成された3人組。2011年9月に東京で初ライブを行ってからは地元以外でも積極的にライブ活動を行い、2013年夏からはT-Palette Recordsに所属とキャリアは長いが、その高い実力から考えると、今の知名度やポジションは不当に低いとも言える。デビュー曲の「虹色」から振付は自分たちで考えているのだが、いわゆるダンススクール的なスキルを見せるダンスではなく、可愛らしいダンスに仕上げているところにアイドルとしての矜持を感じさせる。デビュー当時から楽曲の良さに定評はあったが、T-Palette Recordsに所属してからシングルのリードトラックはLinQの楽曲などを手掛けるSHiNTA氏が作曲と編曲を担当。リリースしたシングルは「スタートリボン」「ファーストシークレット」の2枚と少ないが、どちらも彼女たちの素朴で陽性なキャラクターを活かした爽快感溢れる極上のダンスチューン。はつらつとした笑顔を絶やさず、全身を使ってパフォーマンスする3人の姿を生で観ると、必ずや心が浄化されるだろう。
(文/猪口貴裕)

Copyright © CYZO Inc. All Right Reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

注目ニュース
安室奈美恵と紅白歌合戦にある深い「遺恨」 まいじつ9月26日(火)21時0分
(C)まいじつ歌手の安室奈美恵が来年のデビュー記念日である9月16日をもって引退する。[ 記事全文 ]
ざわちんが無断転載パクリ投稿で炎上「パクリと拾い画像の違いがわからない」!? 謎の言い訳連発で呆れ messy9月26日(火)20時20分
9月18日、ものまねメイクでお馴染みのざわちん(25)が、自身のブログに他人が撮影した画像を無断転載したため大炎上している。[ 記事全文 ]
山瀬まみ、両足骨折で入院「やっちゃいました。ごめんなさい」 オリコン9月26日(火)15時43分
タレントの山瀬まみ(47)が26日、所属事務所を通じ、両足骨折のため22日に入院したことを報告した。[ 記事全文 ]
滝沢カレンの「無礼さ」に非難集中 まいじつ9月26日(火)11時15分
(C)Shutterstock9月25日にバラエティー番組『笑神様は突然に…』(日本テレビ系)のスペシャル版が放送された。[ 記事全文 ]
「出演に名乗り」チャン・グンソク、菊池亜美、品川祐... 元SMAP「72時間テレビ」に続々 J-CASTニュース9月26日(火)13時47分
元SMAPの稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんの3人による生放送番組「72時間ホンネテレビ」(AbemaTV)への出演を希望する芸能人…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア