狂犬が“メス化”!? 宮野真守のイケボにノックアウトされた加藤浩次に「好感しか持てませんでした!」の声

1月20日(水)20時0分 おたぽる

宮野真守のオフィシャルサイトと吉本興業公式サイトより。

写真を拡大

 声優の宮野真守が、20日放送の『スッキリ!!』(日本テレビ系)にゲスト出演。「朝に生で歌うのは初めて」だという宮野の生歌が披露されるなど、ファンにとって見どころ満載の放送となったが、その中で宮野の美声に“メス化”した番組MC・加藤浩次にも注目が集まっている。

 放送では、VTRで声優でありアーティストでもある宮野の軌跡を振り返ったのち、今月27日にリリースされる13枚目のシングル「HOW CLOSE YOU ARE」(キングレコード)が生披露された。その中で加藤が“メス化”したと話題を集めているのが、宮野がお題に対して生アフレコした時だ。

「スタジオで宮野が、以前演じた『DEATH NOTE』の夜神月の名セリフなどを披露する中、加藤が“メス化”したのは、“寝る時に耳元で甘い声を……”というお題が出た時。なんと宮野は、実際に加藤の耳元で『おやすみ。ずっと一緒に寝ていようね……』と甘くささやき、これに加藤が『ああああ〜〜ッ!』と悶絶。思わず宮野を抱きしめていました。VTRで“耳から恋をしてしまう”と紹介されていた宮野の美声に、“狂犬”と言われる加藤もすっかり骨抜きにされてしまったようです」(エンタメライター)

 そんな加藤に対し、ネットでは「加藤さんがメスの顔になってる」「男性のメス化を見事に見せてくれた加藤浩次に感謝」「まさかのマモ×加藤」と、面白がる声が多数上がっているのだが、その中で「加藤浩次そんなに好きじゃなかったけどスッキリでのメス化で好感度アップした」「加藤さんに好感しか持てませんでした!」と、加藤に対し好感を持つ声も見られる。

「宮野ファンが加藤に好感を示しているのは、前出の“メス化”もありますが、加藤が宮野に対して尊敬の念を持って対応しているように見受けられたからではないでしょうか。番組中、宮野が腰を低くして登場した際は『なんという腰の低さですか!』と宮野の背筋を伸ばしてあげたり、宮野の生歌を聞いて『声優さんは、言葉を伝えるという技術がすごく高いなと思いました』『マモちゃんすごいわあ』と感銘する姿に、『加藤浩次さんは偏見なく絡んでくれる感じが好き』という声も上がっています」(同)

 そもそも、加藤は小学生のころ「アニメージュ」(徳間書店)を読んでいたり、『魔法少女まどか☆マギカ』にハマっていたりするなど、わりと“コッチ側”の人間。昨年には、犯人がアニメオタクだと報じられた岡山女児監禁事件に対し、「決してアニメが悪いわけではないんですけどね」と、『スッキリ!!』中にフォローする発言もしている。

 放送後、『スッキリ!!』の公式Twitterは宮野に対し「また、是非スタジオに遊びに来て下さい!」とツイートしているが、加藤と宮野の再共演を望むファンは多そうだ。

おたぽる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

宮野真守をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ