「この対応は笑うわw」 NHKが番組同人誌を容認? 『ねほりんぱほりん』公式Twitterがお下劣漫画家のツイートに反応!

1月20日(金)16時0分 おたぽる

『田中圭一』のTwitter(@keiichisennsei)より。

写真を拡大

「NHKなのに攻めすぎだろwww」という声も多い、NHK Eテレで放送中のトーク番組『ねほりんぱほりん』。番組公式Twitter(@nhk_nehorin)もなかなかNHKらしからぬ暴走をしているのだが、ついには番組を元ネタとする同人誌を容認するかのようなツイートまでして、さらに話題になっている。

『ねほりんぱほりん』は「顔出しNGの訳ありゲスト」を迎えて、人の代わりにブタの人形(ゲスト用)ともぐらの人形(インタビュアー用)を用いて、赤裸々なトークをしていく新感覚のトークバラエティショー。インタビュアーは山里亮太とYOUが務めている。今までにはナンパ教室に通う男、2次元しか本気で愛せない女性、苦悩を抱えた養子、株で億をもうけた投資家といった特殊な人をゲストに迎え、放送の度にネット上では大反響となっていた。

 さて、そんな大人気の『ねほりんぱほりん』に対し、自称“お下劣サイテーパロディー漫画家”の田中圭一がTwitter(@keiichisennsei)で「あああああああああ! ねほりんぱほりんの薄い本作りたいよぉ〜ッ!」といったコメントと共にマンガイラストをアップした。

 内容はもしも『機動戦士ガンダム』のアムロ・レイが『ねほりんぱほりん』に出演したら? といった感じのもの。アムロ・レイのコスプレをしたブタの人形が「ボクなんて当時15歳ですよ?」「モビルスーツを扱えるパイロットがいないからって軍人でもないのに怖い思いばっかさせられて」「たまたまニュータイプだったからよかったものの」と話している。するともぐらの人形が「ブラック企業どころじゃないよね?」「ひどいところだね 連邦軍って」と同情している。

 このツイートは1万以上もリツイートされる大反響となった。この騒ぎはNHKにまで届いてしまったようで、『ねほりんぱほりん』のTwitterが反応し『いまスタッフは鋭意出演者を取材中です!「元モビルスーツパイロット」など、こんな人の話を聞きたいというご希望がありましたら、ぜひ #ねほりん でツイートくださいませ』とツイート。

 直接田中氏のツイートには触れていないが、この粋な計らいに「これはNHKが同人誌発売を許すという宣言だよな」「NHKなのにこの対応は笑うわwww」「是非薄い本発売してくれ、また公式が反応するだろう」といった反響があがっていた。

おたぽる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Twitterをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ