スナックがマイブームの賀来賢人「場末なほど落ち着きます」

1月20日(水)7時0分 NEWSポストセブン

行きつけのスナックでママと『銀恋』デュエット

写真を拡大

 NHK連続テレビ小説『花子とアン』では、ヒロイン花子の兄の悩み多き憲兵役でお茶の間のハートをわしづかみにし、古田新太らとのコメディー舞台ではとことんはじけ、所属事務所の一大イベントでは抜群の歌唱力を披露。新ドラマ『逃げる女』(NHK)では刑事役にも挑戦──。なんでも器用にそつなくこなすイメージの俳優・賀来賢人(26才)。


 本人は「仕事ではすごくビビりですね。足がブルブルします(笑い)」と話しているが、本当はどんな26才なのだろうか? 気になる質問をぶつけてみました。


──撮影中、チラリと見えた腹筋が6つに割れていたのですが、鍛えているんですか?


賀来:懸垂ぐらいです。ぶら下がり健康器みたいなもので、毎日20回くらい。


──女性の年齢のストライクゾーンが広いと聞きましたが…。


賀来:年上、年下どちらにしても、ぼくよりしっかりしてればいいんです。唯一、同年代の女性は緊張しますね。何を話したらいいかわからないから、気軽に話しかけられない。男子校だったので、これはもうずっと前からです。


──マイブームは何ですか?


賀来:今スナックブームが来てます(笑い)。しかも場末なほど落ち着くんです。昭和歌謡が大好きなんですよ。行きつけの店のママとは『銀座の恋の物語』を歌ったりね。おじさんたちから“きみ、面白いねえ”って言われるのを目標にずっと歌ってますよ。


──新ドラマ『逃げる女』(NHK)で共演中の遠藤憲一さんとのエピソードはありますか?


賀来:遠藤さんは天然なので、意外にもかわいらしいかたなんです。飲みに行くとフランクなのに、お芝居になるとすごい迫力で、すごく勉強になります。でも隙もいっぱいあるので、そこもまた魅力的です。


──どんな男性を目指していますか?


賀来:色気が欲しいですね。男臭い色っぽさ。


──具体的には誰?


賀来:古田新太さんは、あんな雰囲気ですけど、舞台上だとめちゃめちゃ色っぽくてかっこいいんです。ルックスとかじゃなくて、たたずまいなんでしょうね。


撮影■小林ばく


※女性セブン2016年1月28日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

賀来賢人をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ