31才男、不倫相手の51才女性を殺害するまでのドロドロ

1月20日(土)16時0分 NEWSポストセブン

51才女性が不倫相手にラブホテルで殺害されるまで(写真はイメージ)

写真を拡大

 週末の深夜ともなれば、愛を確かめ合うために訪れるカップルで満室になる人気のラブホテル。館内にはハイビスカスを模したハワイアングッズが飾られ、まるで高級リゾートのようなラグジュアリーな気分を味わえる。


 昨年11月19日、千葉県船橋市にある、このラブホテルの一室から服を着たまま、仰向けになって亡くなっている50代の女性が発見された。着衣に乱れはなかったが、遺体の首には絞められたような痕が残っていた。


 翌20日、千葉県警は殺人の疑いで習志野市に住む無職・安垣瑠威被告(31才)を逮捕した。「首を絞めて殺した」と容疑を認めている。


 被害女性・A子さん(51才)と安垣被告は1年以上にわたり、不倫関係を続けていたという。20才を超える年の差カップルの間に一体何が起きたのだろうか。


 事件現場から車で約15分。千葉県市川市内の豪邸が立ち並ぶお屋敷街に、赤レンガと白い壁が特徴的な2階建てのマンションが建つ。A子さんは、ここでリフォーム会社を営む夫と長男、義母の4人で暮らしていた。また彼女には独立して家を出た長女もいる。


 近隣の住民は驚きを隠せない様子でこう話す。


「A子さん夫婦はどこにでもいる50代夫婦という感じで、夫婦げんかなんて一切聞いたことがありません。彼女は小柄で、昔から口紅もつけたところを見たことがないくらい、化粧っけのない控えめなかた。自分から他人に話しかけることもほとんどなく、こっちから“A子さん”と声をかけると、ようやく顔を上げて挨拶を返してくれるような、内向的な女性でした。正直、旦那さん以外の男性と関係を持って、その上、殺されてしまうなんて、まったく想像がつきません」


 町内会の行事などにも参加せず、ママ友たちと連れ立って、近所の飲食店やカラオケ店に遊びに行くこともなかったというA子さん。人づきあいに対して決して積極的ではなかった彼女が、なぜ殺人事件の被害者となってしまったのか──。


◆お母さんが変なつきあいをしている


 A子さんと安垣被告が出会ったのは2016年秋のこと。たまたま居合わせた飲食店で意気投合し、交際へ発展したという。2人は独身の安垣被告が暮らす習志野市内のアパートなどで逢瀬を重ねた。2人をよく見かけたという近隣住民が話す。


「いつもアパートから一緒に出てきて、男性の運転する車で出かけて行く。女性はずいぶん年上のようだけど、体を密着させるように並んで歩いていて、親子のようにはとても見えませんでした」


 A子さんは人知れず安垣被告との関係を深めていったが、出会いから1年ほど経った頃、状況は一転する。



「2017年9月、安垣被告のマンションに滞在していたA子さんは自ら習志野署に通報して“別れ話で口論になった。このまま別れてもトラブルになる”と相談しています。警察はすぐにマンションに出向き、安垣被告に、関係を断つようにと説得したところ、彼も納得したようです。1か月後の10月25日に同署員がA子さんに確認すると“もう一切かかわっていません。わざわざすいません”と答えたそうです」(捜査関係者)


 ところが、事件が起こる2週間前の昨年11月3日、安垣被告の自宅付近の住民から、「女性の叫び声がする」と110番通報があり、習志野署員が駆けつけると、安垣被告とA子さんが別れ話で言い争いとなっていた。通報をした住民が当時の状況を振り返る。


「夜10時過ぎでした。男女がけんかをしていて、女性の“もういい加減にして!”“もうやめて!”と言う泣き叫ぶ声が、30分以上にわたって続いていたんです。男性が何を話しているかは聞き取れませんでしたが、女性はずっと泣いていた。実は警察に通報したのは、この1度だけではなく、昨夏にも同じような叫び声が聞こえて、警察を呼んだことがあった。いつか事件になるんじゃ、と心配していたのですが…」


 捜査関係者によると、この日2人は「縁を切る」ことを約束したという。だが、2人はその“約束”を破り、禁断の恋は、最悪の結末を迎えてしまった──。安垣被告は独身だったが、A子さんには家庭があった。残された家族は、今、何を思うのだろうか。


 A子さんの夫の自宅を訪ねると「そのことについては一切、話したくありません」と口を閉ざした。A子さんの父親は「私は何もわからない。娘の夫に任せている」と言いながらも、ぽつり、ぽつりと、突如、娘を失った胸の内を明かしてくれた。


「娘が亡くなった日、孫娘が“泊めてほしい”と遊びに来たんです。そこで、初めて孫娘が“お母さんが変なつきあいをしている”と告白をしてくれた。そんな話をしているときに孫に警察から電話がかかってきて…。突然、孫が泣き出したものだから、私も“何か大変なことが起こったんだ”と知りました。そして、孫を警察に送り届けて…。


 娘の夫も(妻が不倫をしていることは)“知らなかった”と言っていました。娘夫婦は、若い頃に行ったスキー旅行で知り合い、恋愛結婚をしました。それからというもの、お金には恵まれていなかったものの、よく働く、仲のいい夫婦だったのだけれど…」


 A子さんの葬式では、彼女の夫が喪主を務めた。妻の不貞を事件によって知るという耐えがたい苦しみを味わいながらも、彼は妻への不満を口にすることはなく、残された家族を守っているという。


※女性セブン2018年2月1日号

NEWSポストセブン

「不倫」をもっと詳しく

「不倫」のニュース

BIGLOBE
トップへ