小室哲哉「不倫引退」への同情をどう滲ませるべきなのか

1月20日(土)7時0分 NEWSポストセブン

会見では度々声を詰まらせた 時事通信フォト

写真を拡大

 ここのところ幾度となく繰り返されてきた“釈明会見”だが、今回の会見の後には異なる景色が広がったように見えた。コラムニストの石原壮一郎氏が指摘する。


 * * *

「不倫報道」というもののくだらなさが、また浮き彫りになったと言えるでしょう。1月18日発売の『週刊文春』が、音楽プロデューサー・小室哲哉(59)と看護師との不倫疑惑を報じました。グラビアページでは、腕を組んだとも言えないぐらいそっと腕を添えている不鮮明なモノクロ写真などを3ページで掲載。そのほか記事ページでは、取材で調べ上げたことや小室本人を直撃したインタビューも、4ページにわたって載っています。


 いわゆる「世間の人たち」のうち、建前はともかく本音の部分で「不倫をするなんて人間として最低だ!」「不倫は絶対に許されることではない!」と考えている人の割合は、はたしてどのぐらいでしょうか。けっして大多数ではないと推察されます。しかし、誰かがテレビ番組の中で「まあ、いいじゃないか」「そのぐらい見逃してやれよ」と言ったら、偏狭な上にヒマな「正義の味方」のみなさんに、どんな攻撃を受けるかわかりません。


 かくして、ワイドショーの司会者やコメンテーターのみなさんは、こういうことが起きるたびに、本音を押し隠して、眉をひそめたり非難の言葉を投げつけたりしています。そんな風潮は一般市民の生活にも広がっていて、ヘタに揚げ足を取られないように、無難な感想しか言えない世の中になってしまいました。まったく嘆かわしいことです。


 19日の記者会見で、小室哲哉は「引退」を発表しました。妻であるKEIKOが、2011年10月にくも膜下出血を発症。以来6年にわたって、彼はリハビリに取り組む妻を献身的に支えてきました。最近は小室自身がしばしば体調を崩すなど、介護疲れが顕著だったという話もあります。本人が語っている「僕なりのケジメ」としてだけでなく、いろんなことに疲れてしまったのかもしれません。


 小室が精神的に辛い状況にあったことは想像できるだけに、この件に対するコメントは「不倫ケシカラン」一色ではなく、同情的なニュアンスが含まれているケースが目立ちます。しかし、ストレートに同情を示して擁護するわけにはいきません。見どころは、コメントのプロのみなさんが、あの手この手で同情を滲ませているところ。そこから、大人としての遠回しな擁護の仕方や、真意のひそませ方を学びましょう。


 かなり大胆に踏み込んでいたのが、18日のTBS系「ビビット」に出演したタレントのテリー伊藤。不倫疑惑を報じられた小室と妻のKEIKOについて、こう語りました。


「KEIKOさんがどこまで知っていたか、ぼくはわからないけど」「こういうことはどこの家庭でもある。倒れた人が、旦那がまだ若いから、ほかの人と遊んでもいいと思っている可能性もある」「裏切りかもしれないが、KEIKOさんからみたらホッとしているかもしれない」「これは夫婦じゃないとわからないけど」


 すべて勝手な推測でありあくまで暴論という体を取りながら、小室に対する深い同情と理解を示し、わざわざ報じるメディアやいちいち騒ぐ世間に対して「よその夫婦のことは、ほっといてやれよ。一生懸命がんばってるのに」というメッセージをにじませています。


 同じ18日にテレビ朝日系「ワイド!スクランブル」に出演した医師でタレントの友利新も、次のような言い方で、遠回しに「ほっといてやれよ」と言っています。


「介護って本当に出口がないというか、終わりが見えない、すごくきれい事では済まされないことがたくさんあるんですね」「そういった中でつい……もちろん倫理的にはいけないことですけれども、求めてしまう気持ちを抑えることが私たち他人ができるのか。この夫婦にとって、いびつかもしれないけど、夫婦の関係を保っていたとしたら、この報道に何の意味があったのか」


 タレントの坂上忍も、18日放送のフジテレビ系「バイキング」の中で、こういう含みのある言い方で苦言を呈しました。


「今回の件、視聴者の中にも介護はとんでもなく大変で、ストレスがたまること。そういうのを踏まえて同情的に見てらっしゃる方も中にはいるかもしれない」「だからこそ、2ショットを撮られちゃダメ」


 坂上も、週刊誌が狙った獲物は逃がさないことは百も承知の上なので、撮られた小室の「落ち度」を本気で責めているわけではないはず。視聴者に託して、自分も同情的に見ていることを示しています。


 ただ、やさしく言いすぎたと思ったのか、翌日の放送では「引退というけじめのつけ方もあるのかもしれないが、(引退だと)復帰するのも自由なので、引退がけじめのすべてにはならないのではないかと思う」と辛口で語りました。これも強引に解釈すれば、ほとぼりが冷めたらまた戻ってきてほしいというメッセージだと読み取れなくもありません。


 さすがプロのみなさん、それぞれにギリギリのところで真意をにじませています。私たちも、同僚や友達が仕事で大きなミスをしたり女性問題を起こしたりしたけど、かばってあげたい気持ちもあるときには、この手法を見習いましょう。


「もちろんよくないことだけど」とか「当人しかわからないけど」といった前置きを付けて、「同情的に見る人もいるかもしれないね」と主語が誰かよくわからない言い方をすれば、そんなに非難しなくていいじゃないかという真意をにじませることができます。同僚や友達だけでなく、バッシングされている著名人に対して使ってもかまいません。


 今回の件をきっかけに、他人の不倫や色恋沙汰をわざわざ暴き立てたり、外野から非難したりする行為に疑問を抱く人が増えてほしいところ。「ほっといてやれよ」「いいじゃないかよそのことは」というスタンスを取ることや、時には「見て見ぬフリ」をすることがいかに上品で崇高かという認識が広がることも、とくに他意はありませんが願ってやみません。

NEWSポストセブン

「不倫」をもっと詳しく

「不倫」のニュース

BIGLOBE
トップへ