稲垣、香取、草なぎ SNSによる新表現は実を結ぶのか

1月20日(日)16時0分 NEWSポストセブン

稲垣、香取、草なぎが挑むSNS新表現は(イラスト/ヨシムラヒロム)

写真を拡大

 平成最後の年末年始は、どのように過ごしただろうか? 昭和最後や20世紀最後の年末年始と今回の大きな違いは、やはり誰もが手軽にSNSに繋がりながらテレビやネット番組を楽しんだことだろう。イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、『7.2 新しい別の窓 #元日SP』(AbemaTV)から、スーパースターとSNSの関係について考えた。


 * * *

 一昨年の暮れからネットで配信されるテレビについて記述してきた。当初はネタ不足も危惧したが、そんなことはなく。AbemaTV、YouTube、Netflix、Amazonプライム・ビデオといった媒体で取り上げたい番組が次々と配信された。それこそ、追っつかないぐらい。


 なかでも、頻繁に取り上げたのがAbemaTVで。番組数の多さなんて理由もあるが、書き手として魅力的だったのが話題の豊富さ。優勝者が1億円総取りの素人参加型番組もあったし、俳優の田中圭ブームに乗じて『田中圭24時間テレビ』なんてのも。しのごの言わず、"バズる"を意識した攻勢は清々しくもあり。


 こんな感じでシコシコと書いてきたが、読者の方に響いたのは元SMAPの3人。AbemaTVで配信される新しい地図の番組 『7.2 新しい別の窓』を取り上げたコラムの反応は桁違い、なんだかんだのスーパースターっぷりを実感。


 2019年もAbemaTVと新しい地図の蜜月の仲は続きそう、1月1日には『7.2 新しい別の窓 元日SP』も配信された。


 元日の配信で10回目となる『7.2 新しい別の窓』、この番組の特徴はSNSを多分に利用する点。番組中、画面の左上には「#〇〇」と適宜そのシーンに見合ったハッシュタグが表示される。元日SPを例に挙げるとメインゲストが古舘伊知郎、左上には「#古舘伊知郎」と出る。


『7.2 新しい別の窓』では、3人の口から「是非、つぶやいて欲しい」と視聴者に拡散を求める。そして、結果が出れば香取の口から「今、〇〇がツイッタートレンドワードで世界一です!」と報告される。


 見ているだけではなく、「応援してほしい!」という実直な要望を持った番組。ここまで呼びかける理由は、稲垣、草なぎ、香取の支持をタコツボ化させないためだと思う。


 私感だがSMAPの最も優れていた点は、日本一にわかファンが多いグループだったことだ。他のグループと比べて、「SMAPがなんとくなく好き」というサイレントマジョリティーが多かった。だから、すごかったんだ。


 解散によって、にわかを失った3人。彼らにとって『7.2 新しい別の窓』の視聴者がつぶやく#(ハッシュタグ)こそ、にわかを再び喚起させるコアなファンからの有志だと云える。


 話が前後して申し訳ないが、元日SPの見どころは古舘伊知郎と3人のホンネトークだったことに間違えはない。横浜中華街の高級店にて行われたトーク、まず話題に上がったのが古舘のインスタグラムデビュー。香取の指示のもと古舘がSNSの扉を開いた。


 しかし、これがうまくグルーブしない。上記したように『7.2 新しい別の窓』はSNSを推す。そこから「古舘さんも……」という流れに至ったのだろう。しかし、当の本人はインスタグラムよりも稲垣、草なぎ、香取に夢中なことは明らか。本心は新しい地図をゲストにした『おしゃれカンケイ』にあった。早く回したくて仕方ない、そんな心持ちが画面一杯に漏れ出す。


 古舘の熱弁を制しつつ4人で撮影を敢行し、その写真をインスタグラムに公開しようとするもなぜかエラー。高級中華を食べながらの本格的なトークゾーンに入ってからも始末に追われ、「僕ちょっとインスタやりながらですいません」と香取。年長者の熱弁をiPhone片手に聞くという奇妙な絵面が映された。これが生放送の醍醐味か、それともSNSに縛られすぎか……。


 上記したように、番組も3人もSNSを猛プッシュする。しかし、実のところ一般人よりも使いこなしていないと思う。なぜなら、稲垣、草なぎ、香取のツイッターはコミュニケーションをひかえているからだ。活動のお知らせはするが、ファンからの反応に言葉で対応することはない(いいね!はする)。


 一方通行に近いコミュニケーションは、これまでのメディアとあまり変わらない。推すわりには淡白、そこがちょっと腑に落ちない。特定のファンに返信でもすればトラブルも起こり得るだろう。だが、そんなところにSNSの魅力はある。トラブルと紙一重だから面白い。


『7.2 新しい別の窓 元日SP』の最後、お年玉として完全クローズドな空間で3人と食事ができる権利が視聴者1名に贈られた。前代未聞のプレゼントは、それこそSNSとは正反対の空間。コッチの方が3人に合っている気がしてならない。


 しかし、SNSを使った新しい表現を提供しようと試みる3人の活動は魅力的。ゆえに多少のリスクもとってもチャレンジして欲しいと考えるのは部外者のエゴか。稲垣、草なぎ、香取だから可能となるSNS術を披露して欲しい。日本で数少ないスーパースターだからこそ実現するファンとの幸せな交流、それが見てみたい。元日に考えたのはこんなことだった。


●ヨシムラヒロム/1986年生まれ、東京出身。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。イラストレーター、コラムニスト、中野区観光大使。五反田のコワーキングスペースpaoで週1度開かれるイベント「微学校」の校長としても活動中。テレビっ子として育ち、ネットテレビっ子に成長した。著書に『美大生図鑑』(飛鳥新社)。

NEWSポストセブン

「SNS」をもっと詳しく

「SNS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ