1D批判のゼイン・マリク、恋人ジジ・ハディッドは「もう悪口は止めて」

1月20日(水)15時7分 Techinsight

ジジ・ハディッドの願いはゼインに届くか?

写真を拡大


2015年に「ワン・ダイレクション(1D)」を脱退し、ソロ転向を明かしたゼイン・マリク。彼と1Dメンバー達の関係悪化と断絶が伝わる中、ゼインの恋人で人気モデルのジジ・ハディッドは「ゼインには前だけを向いてほしい」と願っているらしい。

1Dを脱退し、今ではインタビューで堂々と1D批判を展開しているゼイン・マリク。昨年は1Dの音楽活動を振り返り「クリエイティブなことは一切許されなかった」「与えられた音楽をやるのみで、“コレなら売れる”と聞かされて活動していた」と語り、ファンや音楽界に衝撃を与えた。さらに最近では「1Dメンバーとは話もしない」と関係断絶を明かしたゼインだが、このネガティブな動きをジジ・ハディッドが非常に心配している。ある情報筋は、『HollywoodLife.com』にこう話している。

「ゼインと1Dが不仲なのは、ジジも知っています。」
「1Dを堂々と批判しても良いことはないと、ジジには分かっています。もう悪口は止めてほしいとジジは願っているんですよ。」
「過去をネガティブな気持ちで振り返るのはやめて、自分の音楽活動を進めた方が良い。ジジはそう考えています。」

またジジは内心「謝るのが筋だろう」と考えつつも、ゼインにプレッシャーをかける気はないという。気難しく不器用なゼインの言動に、ジジはヒヤヒヤしっぱなしのようだ。
(TechinsightJapan編集部 洋子アンダーソン)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ゼイン・マリクをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ