セリーヌ・ディオン亡き夫、自ら葬儀プランを決めていた

1月20日(水)13時43分 Techinsight

セリーヌ・ディオンの夫、終活が話題に

写真を拡大


咽頭がんを患い、長い闘病の末に逝去したレネ・アンジェリル氏(享年73)。彼の闘病を支えた妻セリーヌ・ディオン(47)の苦労を、アンジェリル氏は痛感していたもようだ。

病気の進行により食事がとれなくなり、妻セリーヌ・ディオンがチューブから送る栄養を糧にしていたレネ・アンジェリル氏。同氏は苦悩する妻セリーヌの負担を軽減すべく、死を前に“終活”をこなしていたという。

セリーヌのスタイリストで友人でもあるアニー・ホースさんは、『People.com』にこう話している。

「彼はセリーヌと過ごす最後の数か月間に、全ての準備を整えたのです。」
「いつ息絶えるかは彼にも分からなかった。それでも“全て準備を整えておきたい”と願っていました。」

そのおかげで遺されたセリーヌは、葬儀などの準備にも慌てることなく日々を過ごせているそうだ。彼女を愛し「君の腕の中で最期の瞬間を迎えたい」と明かしていたアンジェリル氏。妻にかかる負担まで心配し、死が差し迫るなかで終活を進めていたのだ。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

セリーヌ・ディオンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ