松岡修造が“熱すぎて”次が思い浮かばず 『寒さを吹き飛ばすくらいアツイ有名人TOP10』

1月20日(金)19時0分 Techinsight

“アツイ”と言えば松岡修造 やっぱり1位に

写真を拡大

「大寒」に放送されたバラエティ番組『ヒルナンデス!』で“アツイ有名人”をテーマに取り上げた。アンケート調査によるランキングでTOP10を出演者が予想したところアニマル浜口と松岡修造はすぐに思い浮かぶが、2人のイメージが強すぎて次がなかなか出てこずに苦戦を強いられた。

2017年1月20日は暦の上で「大寒」とあり寒さに覆われた。『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)のコーナー企画で、番組が20〜40代男女に聞いた“寒さを吹き飛ばすくらいアツイ有名人”をクイズ形式で発表するが「演技が熱い俳優」をイメージして正解に辿りつかず、「薄着なタレント」など様々なジャンルに路線変更する。

この日は日曜ドラマ『視覚探偵 日暮旅人』(1月22日スタート)から松坂桃李と多部未華子がゲスト出演した。2人は「アニマル浜口さん」「松岡修造さん」と立て続けに予想して的中するが、次の回答者からなかなか正解が出ない。「元気が良い、鈴木奈々ちゃん」「ぐっさん(山口智充)」「一生懸命な西川きよし師匠」「“あっちっち”って歌う郷ひろみ」と外すケースが続く。

「熱い俳優」をイメージして『踊る大捜査線』の「織田裕二」、『ROOKIES』の「佐藤隆太」「市原隼人」、『テルマエ・ロマエ』の「阿部寛」、『海猿』の「伊藤英明」、『スクール ウォーズ』の「山下真司」などを予想するも当たらない。

他に「薄着のイメージがあるタレント」として「なかやまきんに君」「庄司智春(品川庄司)」、「スギちゃん」などを予想、さらに「暑苦しいイメージのタレント」として「寺門ジモン(ダチョウ俱楽部)」、「彦摩呂」などと路線を変更するなか少しずつ正解していった。

■20〜40代男女に聞いた 寒さを吹き飛ばすくらいアツイ有名人TOP10

1位 松岡修造
2位 武井壮
3位 サンシャイン池崎
4位 アニマル浜口
5位 出川哲朗
6位 江頭2:50
7位 小島よしお
8位 あばれる君
9位 明石家さんま
10位 松崎しげる

他に名前が挙がり20位以内に入ったアツイ有名人は、12位「石塚英彦(ホンジャマカ)」、16位「照英」、18位「勝俣州和」、19位「アントニオ猪木」だった。

なかでも1位となった松岡修造は、彼が海外に遠征して日本を離れると冬場は「国内が寒くなる」と言われ、夏場は「修造が居るから猛暑が酷い」などと噂されるほどだ。また、別の番組で優木まおみが松岡修造について「アニマル浜口さんに近い」と評したことがある。そんな2人のインパクトが強くて回答者もその後のイメージが難しかったのだろう。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

松岡修造をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ