松坂桃李の金銭感覚が庶民的すぎる 共演者たちが一斉にポカン

1月20日(金)19時30分 Techinsight

松坂桃李にとって高額なものとは?

写真を拡大

俳優・松坂桃李(28)が、主演舞台の記念として自身で購入した腕時計をバラエティ番組で紹介した。数々の映画・ドラマ・舞台・CMなどで順調に活動を続ける松坂だが、その活躍ぶりに対して金銭感覚が想像以上に堅実なため、共演者たちが思わずポカンとしてしまう。

主演映画『キセキ −あの日のソビト−』(1月28日公開)の出演者でチームを作り、1月19日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)に参戦した松坂桃李。「自慢できる事」を聞かれて「去年主演の舞台をやらせていただいて、やった証が欲しいなと思って、初めて自分で高いものを買った」と滑らかな口ぶりで腕時計を紹介した。丸く白い文字盤に金色の針がついたシンプルなその腕時計について「(ブランドは)TUDOR(チュードル)で、今はアンティークしかないらしくて…」と続けると、嵐チームのゲストだったスピードワゴンの‎小沢一敬が「額が気になっちゃうんですけど」と質問。松坂が「額は高かったですよ、10万円ぐらいしましたね」と返すと、なぜかスタジオが静まり返り微妙な空気になってしまった。この反応に「あれ?」という顔をした松坂に、小沢と相方・井戸田潤が「ごめん、もっと高いかと思った」「“松坂桃李”、“主演舞台の記念”、“アンティーク”っていうから100万円とかするのかと思った」と説明すると、苦笑いを浮かべた松坂は「僕の中ではすっごい高い買い物」と反論、小沢らが「僕らが勝手に大きく見すぎていた」と弁解した。

そこに松坂と同チームで出演していた俳優・菅田将暉が、あるエピソードを披露した。趣味で水墨画を始めた松坂が「欲しい筆があるんだけど、高くて買えないんだよ」とこぼすので、「いくらなんですか?」と聞いたら「5,000円」だったとのこと。これにはスタジオ中が爆笑に包まれた。「これを考えたら10万円は相当高い」と松本潤もうなずきながら納得していた。

ドラマや映画にひっぱりだこの松坂桃李は、主演の連続ドラマ『視覚探偵 日暮旅人』(日本テレビ系)も1月22日からスタート。映画も一昨年公開のもので6本出演(うち主演1本)、昨年も6本出演(声のみの出演を含む)という活躍ぶりで、そのほかに舞台やCMなどにも出演が続いている。そんな勢いのある俳優・松坂桃李の金銭感覚は、思いのほか庶民的だったようだ。

出典:https://twitter.com/sudaofficial
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

松坂桃李をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ