市川美織“NMB48卒業”発表にぱるる「聞いてないぞ!」 山本彩「最後までよろしく頼むよ、最年長」

1月20日(土)14時54分 Techinsight

NMB48吉田朱里、市川美織、山本彩(画像は『吉田朱里 ジッパーのMV見てね 2018年1月19日付Twitter「そしてみおりんの卒業発表がありました。」』のスクリーンショット)

写真を拡大

1月19日よりスタートした『AKB48グループ リクエストアワー セットリストベスト100 2018』の初日に、市川美織がこの春でグループを卒業する意思を明かした。突然の卒業発表に会場はどよめきに包まれ、ネットニュースで知ったファンの間にも動揺が広がっている。

そんななか元AKB48の“ぱるる”が市川の卒業発表に『島崎遥香&STAFF(paruruchan0330)ツイッター』で「聞いてないぞ!!! レモンになったのか?!」とツイートした。

市川美織と言えば「フレッシュレモンになりたいの!」をキャッチフレーズに“レモンちゃん”のキャラクターで知られるが、2016年5月に「脱レモン宣言」したことがある。

だが、翌年にはイベントで「私には“レモン”が最大の武器であり、全面に出したい」と意気込み「脱レモン宣言」を撤回した。その心境の変化は敬愛する島崎遥香に「レモンを捨てるなんて…みおりんにとってレモンは武器なんだから」とアドバイスされたからだという。

そうした関係にあって市川の卒業発表を知った島崎は、思わず「聞いてないぞ!」と突っ込んだのだろう。

また、『リクアワ』で市川と一緒にいたNMB48の山本彩はSNSで「NMBに来てくれて本当にありがとう。最後までよろしく頼むよ、最年長」と元気づければ、吉田朱里も「気づけばすごい長い時間をNMB48で過ごしてくれたんだね。たくさんいい刺激をもらいました。卒業まで残り少ないけど素敵な思い出たくさん作ろうね」とコメントしている。

市川美織はインスタで改めて「アイドルとしての私を応援して下さっていた皆さん、そうでない方も今までありがとうございました…」と思いを綴っており、卒業後は女優やモデル、YouTubeやお笑いなど興味のあることに挑戦して行きたいという。

「人間としてまだまだ未熟ですが、毎日精進して参りますのでレモンになれるその日まで見守っていてください!」と自覚する彼女を、島崎遥香も「かわいい! 一緒に頑張ろ!」と応援していた。

画像は『吉田朱里 ジッパーのMV見てね 2018年1月19日付Twitter「そしてみおりんの卒業発表がありました。」』のスクリーンショット

Techinsight

「卒業」をもっと詳しく

「卒業」のニュース

BIGLOBE
トップへ