トム・ハンクス&ポール・グリーングラス監督『この茫漠たる荒野で』、Netflixで2月配信開始へ ─ 退役軍人と孤独な少女の旅を描く

1月20日(水)16時33分 THE RIVER

『キャプテン・フィリップス』(2013)のトム・ハンクス主演、ポール・グリーングラス監督最新作『News of the World(原題)』が、邦題『この茫漠たる荒野で』として、Netflixにて2021年2月10日(水)より独占配信されることが決定した。

南北戦争の終結から5年後。退役軍人のジェファソン・カイル・キッド大尉(トム・ハンクス)は町を転々としながら、大規模な抗争や壊滅的な大惨事、大統領や女王の近況から大興奮の冒険譚まで、世界各地の様々なニュースを読み伝える仕事をしていた。

そんなある日キッドは、旅の途中で10才の少女ジョハンナ(ヘレナ・ゼンゲル)と出会う。6年前にネイティブアメリカンに連れ去られ、その家族の一員として育てられたジョハンナは、英語もわからず、見知らぬ外の世界に困惑している。見かねたキッドは、実の叔父叔母の元へ彼女を送り届ける役目を引き受け、我が家と呼べる場所を求めて何百キロもの荒野を旅する2人は、人間と自然の両方から突き付けられる数々の厳しい試練に直面していく。

あわせて公開された場面写真には、ニュースをキッドが人々に読み伝える姿や、キッドとジョハンナの茫漠たる荒野を進む姿が捉えられている。さらに、何者かから姿を隠すべく足早に立ち去ろうとする2人の様子なども切り取られており、ドラマチックかつ重厚な物語を予感させる。

この茫漠たる荒野でNetflix映画『この茫漠たる荒野で』2月10日(水)より独占配信開始 この茫漠たる荒野でNetflix映画『この茫漠たる荒野で』2月10日(水)より独占配信開始 この茫漠たる荒野でNetflix映画『この茫漠たる荒野で』2月10日(水)より独占配信開始 この茫漠たる荒野でNetflix映画『この茫漠たる荒野で』2月10日(水)より独占配信開始

原作は、全米図書賞の最終候補に選出されたポーレット・ジルズのベストセラー小説。ポール・グリーングラス監督と共同脚本を務めたのは、『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』(2016)『ビューティフル・ボーイ』(2018)のルーク・デイヴィス。出演者にはトム・ハンクス&ヘレナ・ゼンゲルのほか、『リンカーン』(2012)のエリザベス・マーヴェル、「ミルドレッド・ピアース 幸せの代償」(2011)のメア・ウィニンガム、『フォードvsフェラーリ』(2019)のレイ・マッキノンらが名を連ねている。

Netflix映画『この茫漠たる荒野で』は2021年2月10日(水)より独占配信開始。

THE RIVER

「トム・ハンクス」をもっと詳しく

「トム・ハンクス」のニュース

「トム・ハンクス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ