UKの3人組ニュー・ホープ・クラブ、東京で撮影したミュージック・ビデオが公開!デビュー・アルバムは2月14日バレンタインデー・リリース

1月20日(月)11時38分 tvgroove

New Hope Club【MAIN】official photo 2020New Hope Club

昨年11月の初の単独来日公演がソールドアウトしたイギリス出身の3人組ポップ・バンド ニュー・ホープ・クラブが新曲「レット・ミー・ダウン・スロウ(with R3HAB)」をリリースし、東京で撮影したミュージック・ビデオも公開した。この曲を収録したデビュー・アルバム『ニュー・ホープ・クラブ』は2月14日バレンタインデーにリリースされる。

Let Me Down Slow (with R3HAB)

この「レット・ミー・ダウン・スロウ(with R3HAB)」は、オランダのプロデューサー/DJのR3HABをゲストに迎え、ニュー・ホープ・クラブの持ち味である明るく爽やかなポップ・サウンドがEDMビートで彩られている。昨年11月の東京公演で最終日を迎えた8か月間に及ぶワールド・ツアーで披露しており、各国のファンの間ではすでに人気の曲となっている。

この曲のミュージック・ビデオは東京滞在中に撮影された。オーストラリア出身の4人組バンド ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーの「ヤングブラッド」の、ロカビリー文化がテーマのミュージック・ビデオを手掛けたFrank Borinと、マシン・ガン・ケリーなどのMVを手掛けるJordan Wozyによって撮影された。東京・新宿のストリートを走ったり、ゲームの中に入ってしまい闘いを挑まれたり、3人の表情豊かな姿をぜひチェックしてほしい。

デビュー・アルバム『ニュー・ホープ・クラブ』リリース後、4月にはUKツアーを行うことが決定している。ツアーを重ねるごとに観客動員数は増え続けており、今回のロンドン公演の会場は3,500人以上を収容するハマースミス・アポロ(クイーン『オデオン座の夜〜ハマースミス1975』が録音された会場)など、彼らにとって過去最大のヘッドライン・ツアーとなる。


<商品情報>
『ニュー・ホープ・クラブ』 2020年2月14日発売

ニュー・ホーフ゜・クラフ゛ UICR-1149,9047 ニュー・ホーフ゜・クラフ゛
日本盤ボーナス・トラック6曲収録
ミニ・ポスター封入
★DVD付デラックス盤: UICR-9047 / ,500(税抜)+税 / 各メンバー・ジャケット・カード封入
★CD通常盤: UICR-1149 / ,200(税抜)+税
視聴・購入:https://umj.lnk.to/NewHopeClub_Album

アーティスト情報: http://newhopeclub.jp

<プロフィール>
ジョージ・スミス (G. Vo) 20歳
ブレイク・リチャードソン (G, Vo) 20歳
リース・ビビィ (B, G, Ds, Vo) 21歳
イギリス出身の3人組。全員がソングライターでヴォーカルを担当し、複数の楽器を演奏する。明るく爽やかなポップにエレクトロニックやR&Bの要素を持ち込んだ曲は、世界各国で人気急上昇中。2017年5月デビューEP「Welcome To The Club」、2018年10月セカンドEP「Welcome To The Club Pt. 2」(UK、ドイツ他10カ国のiTunesで1位を獲得)、その前後にもシングルをコンスタントに配信リリース。2017年10月にレーベルメイトのザ・ヴァンプス来日公演のスペシャル・ゲストとして初来日。2019年11月初の単独来日公演(ソールドアウト)に合わせて日本限定CD「ウェルカム・トゥ・ザ・クラブ - EP」がリリース。2020年2月デビュー・アルバム『ニュー・ホープ・クラブ』リリース。

tvgroove

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ