スローライフが現場の合言葉になってます——松田利冴さん、下地紫野さん、悠木碧さん、安済知佳さんが登壇した『ハクメイとミコチ』先行上映イベントレポート

1月21日(日)15時0分 アニメイトタイムズ

2017年12月24日(日)TOHOシネマズ日本橋にて、TVアニメ『ハクメイとミコチ』の先行上映イベントが行われました。イベントには松田利冴さん(ハクメイ役)、下地紫野さん(ミコチ役)、悠木碧さん(コンジュ役)、安済知佳さん(セン役)が登壇。

上映後は、声優陣による登場キャラクターの紹介や本作の見どころ、第1話を振り返ってのトークが展開されたほか、本作にちなんだクイズのコーナーも行われました。

また、本作のマスター役として緒方恵美さんが出演していたことも判明! 緒方さんとのアフレコ現場でのエピソードについても語られました。そんな内容盛りだくさんなイベントのレポートをお届けします! 
体は小さくとも、器は大きい!?『ハクメイとミコチ』のキャラクターたち
『ハクメイとミコチ』は、森の奥で暮らす身長わずか9センチの、ハクメイとミコチという2人の女の子たちの物語。

第1話の上映が終了すると、観客からの拍手で登壇者が迎えられます。

松田さんは「自分の芝居をたくさんの人に見ていただいた後にく機会は初めてだったので、皆様にお会いするのにので緊張しておりますドキドキがしていました」と胸中を吐露。

「皆さんには和やかな、温かい気持ちでトークを聞いて頂けるのではないかと思っています(笑)。今日はよろしくお願いします」と、会場に向けて挨拶をしました。 
続いて作品のあらすじの紹介を挟み、各キャラクターの紹介へ。主人公・ハクメイを演じる松田さんは「見た目は小さいですけれども、お仕事もバリバリやるし、お酒もガンガン飲む大人の女性です」とコメント。また、「天真爛漫なところがあって、可愛いらしい一面もあります」とアピールしました。 
もう一人の主人公・ミコチを演じるのは下地さん。「見た目通り女の子らしい子なんですけど、マイペースなハクメイに振り回されることが多くて……(笑)。ときどき感情的な部分を見せるんですけど、そこがまた彼女の魅力なんだと思います」と、自身のキャラクターについて分析しました。 
安済さんが演じるのは、研究者の女の子・セン。「インドアな性格で、自分が興味のあるものの中だけで生きているキャラクターです。そんなセンがハクメイとミコチと出会って、どんな会話が繰り広げられるかに注目して欲しいです」と、作品の見どころについても語ってくれました。 
最後に紹介されたのは、悠木さんが演じる歌姫・コンジュ。「ちょっと高飛車なところがあったり唐突に不遜な態度をとったりと、きまぐれさんなんですけど、基本的にはギャグ担当です(笑)。ツッコミ役に回ったりボケ役に回ったりと色んな顔を見せてくれるので、登場を楽しみにしていてください!」。 
他にも第1話に登場した号外バッタや風船丸など、サブキャラクターについての魅力も語られました。


緒方恵美さんも参加した、アフレコ現場でのエピソードを公開!
ここで第1話に登場するマスター役として、緒方恵美さんが出演していたことが明かされます。

松田さんは「キャスト表を見て、すごく緊張して現場に行ったのを覚えています。当日、緒方さんにお会いした会った時に、“出たな、主役!”とって言われまして(笑)。その時のことはすごく覚えていますね」とアフレコ現場でのエピソードを披露。

さらにマスターのキャラクターについて「落ち着いた渋さがあって、お店に通いたくなっちゃいます。何でも相談に乗ってくれそうで良いですよね」と続けました。 
映像についての感想を聞かれた下地さんは「アニメには原作と本当に同じぐらいの、繊細で綺麗な描き込みがあって。私も精一杯の演技でなんとか頑張らねばと、気が引き締まりました」と思い入れの深さを見せます。

それを聞いた安済さんは「原作の描き込みがすごいので、これをアニメーションにした時のパワーは凄いだろうなと思いましたが、苦労もすごいだろうなともすごく思いました(笑)」と同調。

また、「作中、マンガに出てくるようなコマ割りが再現されているじゃないですか。マンガをそのままアニメにしたような感じもあって、アニメとマンガとの素敵な両立が取れた世界だと思い、想像が広がるような楽しさがありました」と感慨深げに振り返りました。 
続いての話題はChimaさんが歌う本作のOPテーマ「urar」について。

悠木さんは「(アップテンポなアニソンも好きですが)この曲を聞いて、テンポが速くないアニソンも改めて良いなって思いました。心に染み入っている気がして、間が楽しめると言いますか。ゆっくり時間が流れているのを、みんなが楽しむという感じが良いですね」と太鼓判を押します。

安済さんも「スローライフが良いですよね。スローライフが現場の合言葉になってますから(笑)」と続けました。

<OPテーマ「urar」を使用した、TVアニメ『ハクメイとミコチ』番宣CM 30秒Ver.>


本作のエンディング曲「Harvest Moon Night」は、ミコチ&コンジュとして、下地さんと悠木さんが担当。

楽曲について悠木さんは「普段のキャラソンでは使わない音域で歌っています。エンディングを歌ったことでコンジュのイメージがすごく固まった気がします。空がどんな色をしているかなど、温かい雰囲気を堪能できる歌詞と楽曲がすごく良いんです」と、自信たっぷりに語ってくれました。

<EDテーマ「Harvest Moon Night」を使用した、TVアニメ『ハクメイとミコチ』PV第2弾>


空腹不可避な“飯テロ”クイズが開催!
作品中にはたくさんの料理が登場。“飯テロ”要素も魅力的な本作ですが、イベント中にはミコチのお料理レシピについてのクイズコーナーも行われました。

内容は、所々が空欄となっているお料理レシピについて、声優陣が力を合わせて空欄を埋めるというもの。正解すると豪華プレゼントが贈られるとのアナウンスがあり、気合十分な4人でしたが……!?

ちなみに、出題されたクイズのひとつは第1話にも登場するミネストローネのレシピ。内容は以下の通りです。

<ミネストローネのレシピ>
①じゃがいも・人参・玉ねぎ・キャベツは1センチ間隔に(A)。
②(B)へにんにく、オリーブオイルを入れて熱し、香りが出てきたら①を入れて炒める。野菜がしんなりしたら(C)を潰しながら鍋に加え、水・コンソメを入れる。
③中火で10分ほど(D)、塩コショウ味で整える。

松田さんがAを「切る」、下地さんがBを「鍋」と回答。Cの穴埋めを担当する悠木さんは「トマト」をアンサー。「スペインでぶん投げるお祭りありますよね!」と会場にトリビア知識を見せつけるほどの余裕ぶり。 
「答えはボケても良いんですよ……?」という司会者の誘導(!?)をかわしつつ、安済さんが最後の穴埋めを「煮込む」と答え、クイズは正解となりました。

クイズのレシピの内容は、他にもコロッケや苺ジャムと続きますが、4人とも無事に全問正解! 見事、豪華プレゼントをゲットすることができました! 
キャスト陣からファンへのメッセージ
告知を挟み、イベントはあっという間に終了の時間へ。最後に、登壇者全員から一言ずつメッセージが送られます。

●安済さん
本日はご来場ありがとうございました。わちゃわちゃしたキャラクターたちの微笑ましい姿に癒されて、きっと温かい気持ちになれる作品だと思います。ぜひぜひこれからもよろしくお願いします!

●悠木さん
原作を読ませていただいたときから、すごく前向きな気持ちになれるし、なんて癒される作品だろうと思っていました。お家に帰ったら皆さん、ミネストローネやコロッケを作っていただけたらなと思います(笑)。今日は本当にありがとうございました。

●下地さん
実はアニメの先行上映会にキャストとしてこうやってみなさんの前に出るのは初めてで。皆さんがどんな風な思いで観てくださってるんだろうなという風に不安と期待と緊張がありました。ですが、入ってきた時に温かい拍手で迎えていただいてくださったので、本当に嬉しく思いました。この先の『ハクメイとミコチ』をもっともっと自信を持って演じられるなと思いました。引き続き第1話もオンエア見ていただいて、第2話以降も楽しみにしていただければと思います!

●松田さん
松田はどちらかというと、生き急いでいるタイプなんですけど(笑)。作品のゆったりとしたテンポ感に触れて、もっとゆったりしてもいいのかな、と思わせていただいた現場でした。松田も含めて、皆さんもゆっくり生きていいんだなって思っていただけたらなと(笑)。

各々の心の安寧に本作を使っていただけますと嬉しいです。これから先、色々なキャラクターが出て来ますのでキャストさんも増えたりするので、ぜひ楽しみにして下さい!

以上のメッセージをもって、先行上映会は終了となりました。TVアニメ『ハクメイとミコチ』はAT-X、TOKYO MXほかにて2018年1月12日(金)より放送となります。ハクメイとミコチが繰り広げるスローライフを、どうぞお楽しみに![取材・文/島中一郎 撮影/鳥谷部宏平]

アニメイトタイムズ

「悠木碧」をもっと詳しく

「悠木碧」のニュース

BIGLOBE
トップへ