もう2度と聞けない!美女アナたちの耳を疑う“艶”発言!(2)日テレ・笹崎里菜は「笑点」で…

1月21日(土)17時57分 アサ芸プラス

 続いては日本テレビの笹崎里菜アナ(24)。昨年3月13日放送の「笑点」では、三遊亭小遊三師匠とペアを組んで大喜利に挑むと、こんな掛け合いを披露した。

「小遊三さん、最近酸っぱいものが食べたいのぉ‥‥」

「う〜ん、どうしようかなあ」と返す小遊三師匠に、

「責任取ってくださいね」

 と、ノリノリでオチをつけた。ネタとはわかっていても、興奮せずにはいられない。

 さて、フジテレビに目を向ければ、まさに爆弾発言のオンパレード。まるで“火薬庫”状態だ。

「アナルセックスとか‥‥」

 こんなエロ発言で女子アナ史に伝説を刻んだのは山崎夕貴アナ(29)だ。「ダウンタウンなう」(15年4月17日放送)は、オンエアの10分前に収録を開始し、トーク中に不適切な発言が出るたびに「ピー音」を入れるという番組内容だった。そこで「不適切発言」の例を求められた山崎アナが発したのがこの淫語だった。

「問題のシーンにはピー音がかぶせられていましたが、唇の動きと、そのあとの松本人志さんの『2コ(アナルもセックス)いらんから』というツッコミから、『アナルセックス』と言ったのは明らか。こういうノリのよさが、大物芸人に寵愛される理由でしょう」(芸能評論家・平田昇二氏)

 そんな山崎アナが、

「パンツは7枚しか持っていない」

 と男前な私生活を暴露したのは13年2月13日放送の「ホンマでっか!?TV」。同番組では先輩の生野陽子アナ(32)も、デートの別れ際に手を大きく振るかどうか聞かれ、

「バイバイのチューのほうが好きです」

 こう答えて場を盛り上げたが、

「山崎アナのぶっちゃけキャラは、フジでも突出しています」(丸山氏)

 現在はフリーに転身したフジのOBも多くの武勇伝を残している。

「中野美奈子(37)は局アナ時代に、深夜の音楽番組で『エッチだと思う言葉は?』という質問に『ナマ』と即答。また平井理央(34)も05年放送の深夜バラエティ『井の中のカワズ君』にて、女性ゲストの過激発言に続くように、『私もヤル気マンマンのヤリマンです』とリップサービスしました」(前出・丸山氏)

 昨年4月にフジを卒業した加藤綾子(31)も局アナ時代に、

「かきたい派です」

 とイミシンな言葉を残している。「東京マスメディア会議」(09年10月1日放送)で、女性が恋人からお尻にマジックで落書きされた体験談を紹介したうえで、共演者から、

「加藤さんは書きたい派、書かれたい派どっち?」

 と振られて、こんなドS発言を繰り出したのだ。

 テレビ朝日の竹内由恵アナ(30)は、深夜バラエティ「333トリオさん」(13年5月12日放送)で寝起きレポーターを務めた際に、エロスへの積極性を剥き出しに。芸人の部屋にあった官能小説を手に取るや、

「ゆかりが舌足らずに声を上げ‥‥」

 と即興で朗読したのだ。小説のタイトルは「ぼくのミニスカ上司」。脚線美がウリの竹内アナらしいHハプニングだった。

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

笹崎里菜をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ