ドクター・ストレンジが下から目線に!? “時空反転”予告公開

1月21日(土)16時0分 シネマカフェ

『ドクター・ストレンジ』(C)2016 MARVEL

写真を拡大

現在撮影中の、『アベンジャーズ』第3弾にあたる『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー(Avengers:Infinity War)』にも参戦するというマーベルの新ヒーロー『ドクター・ストレンジ』。いよいよ来週1月27日(土)の公開まで1週間となった本日、主演を務めたベネディクト・カンバーバッチのメッセージとともに、画面が180度上下反転する“魔術”のような予告が解禁となった。

上から目線の天才外科医が不慮の事故にあったことから、神秘に満ちた魔術の力を身につける、マーベル史上最もミステリアスなヒーローが主人公となる本作。公開まであと1週間と迫る中、ドクター・ストレンジを演じた英国の人気俳優カンバーバッチから、日本のファンのためだけのメッセージと“魔術の力”を目の前で体感できる驚異の特別映像が到着。

映像では、劇中の“上から目線”なストレンジとは対照的に、ハニカミながら“あるお願い”をするカンバーバッチ。「公開まで1週間、是非皆さんのスケジュール帳に書き込んで下さいね」と、ストレンジとはまるで真逆の“下から目線”で日本のファンにメッセージを贈っており、そのギャップにはファンたちから“可愛すぎる”と声が上がりそうな映像となっている。

しかし一転、カンバーバッチの「魔術にかかって大変なことになっています」の言葉に続く映像では、常識を覆すような“魔術の世界”が押し寄せてくる。ストレンジの師匠エンシェント・ワンの言葉を合図に、なんと画面の上下が180度回転! それだけで酔ってしまいそうなのに、追い打ちをかけるように高層ビルの数々が万華鏡のごとく入り乱れ、車が行き交う大都市の道路や客船の浮かぶ大きな川が思いもよらぬ方向に折れ曲がっていく——。

エンシェント・ワンを演じたティルダ・スウィントンも、「どのマーベル映画と比べても、この作品は特別ね。私たちの現実に影響をもたらすような精神や能力で、現実を壊しているのではなく曲げているのよ」と語り、自分たちの常識をも“ねじ曲げる”ような魅力があるという。そんな彼女の言葉どおり、映像の後半では、ねじ曲がった世界に困惑するストレンジがビルの“側面”に呆然と立ち尽くす姿が映し出される。そして次の瞬間には、“上空に落ちてゆく”というこれまでに見たことのない光景が広がっていくのだ。

この魔法のような世界が“長年挑戦したかった夢”だと語るのは、マーベル・スタジオの社長でありプロデューサーのケヴィン・ファイギ。彼は「『マトリックス』や『インセプション』や宮崎駿アニメーションを目指した」と、名だたる幻想的な作品たちを参考にしたという驚きの事実を披露しつつ、「何年もこの作品をやりたいと思っていた。“私たちの知らない別次元がいま、この瞬間存在しているかもしれない”というパラレルワールドが、マーベル・シネマティック・ユニバースにまったく新たな側面を生み出せると確信していたからね」と、その理由を明かしている。

マーベルのトップが長年抱き続けた夢が、ついに実現した映像革命となる本作。
また同時に、公式サイトには本日1月21日(土)からドクター・ストレンジが現れ、あらゆる箇所が彼の魔術によって上下180度反転。公開までワクワクが止まらない仕様が楽しめるという。ハリウッドの限界を超える圧倒的な超感覚映像に、酔いしれてみて。


『ドクター・ストレンジ』は1月27日(金)より全国にて公開。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

アベンジャーズをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ