BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

窪塚洋介、『沈黙』と日本の現状を重ね「いまの時代に必要」と訴える

シネマカフェ1月21日(土)20時10分
画像:『沈黙-サイレンス-』初日舞台挨拶
写真を拡大
『沈黙-サイレンス-』初日舞台挨拶
画像:窪塚洋介、『沈黙』と日本の現状を重ね「いまの時代に必要」と訴える
写真を拡大
画像:窪塚洋介、『沈黙』と日本の現状を重ね「いまの時代に必要」と訴える
写真を拡大
画像:窪塚洋介、『沈黙』と日本の現状を重ね「いまの時代に必要」と訴える
写真を拡大
画像:窪塚洋介、『沈黙』と日本の現状を重ね「いまの時代に必要」と訴える
写真を拡大
マーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の小説を映画化した『沈黙−サイレンス−』が1月21日(土)に公開を迎え、日本人キャストの窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈が舞台挨拶に登壇した。

窪塚さんはスコセッシ監督の演出について「(自身が演じた)キチジローの人となりについて、具体的に演出された記憶はない」と明かし、既にオーディションの時点で「冗談で『カメラを回せ』と言い、『お前はもうキチジローだから』と言ってくれるくらい、僕の中のキチジロー像を信頼してくれていた」と語る。実際、現場でも「Amazing!」「Great!」などと称賛されていたそうだが「1月5日のL.A.でのプレミアで作品を観て初めて気づき、ハッとしたんですが、キチジローがピュアにイノセントに見える芝居の部分は一切、使われていなかったし、僕が(ハリウッド映画ということで)アピールしているような部分も一切、カットされていた。ダメでも『Amazing! もう1回』とうまく役者をノセることが骨身に染みついてて、あの人の手のひらで踊らされて、帰ってきたんだなと思いました」と俳優の個性を尊重しつつ、しっかりと撮るべき部分を引き出していく、名匠の演出に感嘆していた。

浅野さんは「絶対にこの監督とやらなきゃ!」との思いでオーディションに臨んだそうだが「実は、一度、オーディションに落ちた」という。それでも「あきらめずにいたら、(今回演じた)通詞の役をいただけました」と明かす。

塚本さんは「最初のオーディションは8年くらい前。それからずっと関わり、つい最近までアフレコなどをやっていて『まだアフレコがあるよ』と言われる気がして、ソワソワしてます(笑)」とようやく公開にこぎつけたことがいまだ、信じられぬよう。予告編でも登場する、海の中で十字架に磔にされるシーンはどのように撮影されたのかを尋ねられると「引き潮のシーンは本当に海で撮っていて、満ち潮は危ないので、巨大な波のプールで撮った」と明かした。プールとはいえ、何度も水をかぶる過酷な撮影だったそうで「波で付け歯が割れて吹っ飛んで、よく見ると最後は白い歯で叫んでます(笑)」とその凄まじさの一端を明かした。

小松さんは撮影時19歳だったが、初めてのハリウッドの現場は「日本と全然違っていて、たくましくなった気がします」とふり返る。「吸収し、得るものが多かったと思います」と力強くうなづいた。

イッセーさんは、隠れキリシタンたちを棄教させる奉行の井上を演じ、海外でも高い評価を得ているが、特にリアム・ニーソン演じる宣教師を穴吊りの拷問にするシーンに言及し「人間が“終わっていく”ところを目撃した」と語る。「人間をモノとして扱い、それを見ている自分もモノになった気がしました。だから、井上も決して勝者ではないと思います。この撮影を潜り抜けて、自分は『人間として生きているはずだ』と問い質す時が来ると思います」と語った。

窪塚さんは、本作が“弱者”を描いているという点について「これから言うことは明日の新聞には載らないと思いますが…」と前置きした上で「2011年3月11日の震災で、弱者がたくさん生まれました。なのに、この国の政府の連中は、ほかの国に1兆円とかバラまくのに、この国の弱者に目を向けようとしない」と激しい口調で語り、原発再稼働についても「この国を切り売りしてる」と強く批判する。そして、映画の中で苦しむ人々、そして神の沈黙する状況に、こうした日本の現状を重ね「だから、自分の心の中に答えを見つけて、生きていくしかない」と訴える。最後に「重い映画かもしれないけど、いまの時代に必要だと思います」と呼びかけると、会場は拍手に包まれた。

『沈黙−サイレンス−』は全国にて公開中。
Copyright (c) 2017 IID, Inc. All rights reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
窪塚洋介のまとめ写真 日本のまとめ写真 演出のまとめ写真 遠藤周作のまとめ写真
注目ニュース
木村拓哉 現場凍った!吉高由里子まさかの「タクちゃん」発言 女性自身9月22日(金)6時0分
木村拓哉(44)が主演する映画『検察側の罪人』(来年公開予定)の打ち上げが、都内の東宝スタジオで盛大に行われた。[ 記事全文 ]
海老蔵が公開した「長女写真」にファン驚き 「麻央ちゃんだ」「ドキッとした」 J-CASTニュース9月22日(金)11時57分
歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(39)が2017年9月21日、長女・麗禾ちゃんが赤ちゃんだった頃の写真を自身のインスタグラムで公開した。[ 記事全文 ]
川谷絵音が「ゲス不倫」当時の秘話を暴露! まいじつ9月22日(金)11時10分
田中允堂/PIXTA(ピクスタ)9月21日に放送された『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に音楽バンド『ゲスの極み乙女。』の川谷絵音がゲ…[ 記事全文 ]
ジャニーズ事務所すでに「容認」森田剛と宮沢りえの結婚 まいじつ9月22日(金)7時0分
画/彩賀ゆう(C)まいじつ『V6』の森田剛と女優の宮沢りえの“年末結婚”を一部女性週刊誌が報じた。[ 記事全文 ]
上戸彩、話題の新展開について裏側明かす「涙が止まらなくなって…」サプライズに混乱 モデルプレス9月22日(金)9時47分
【上戸彩/モデルプレス=9月22日】女優の上戸彩が22日、都内で行われた「iPhone8」「iPhone8Plus」「AppleWatch…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 木村拓哉 現場凍った!吉高由里子まさかの「タクちゃん」発言女性自身9月22日(金)6時0分
2 川谷絵音が「ゲス不倫」当時の秘話を暴露!まいじつ9月22日(金)11時10分
3 上戸彩、話題の新展開について裏側明かす「涙が止まらなくなって…」サプライズに混乱モデルプレス9月22日(金)9時47分
4 ジャニーズ事務所すでに「容認」森田剛と宮沢りえの結婚まいじつ9月22日(金)7時0分
5 「僕たちがやりました」不道徳過ぎて視聴者あ然まいじつ9月21日(木)17時30分
6 海老蔵が公開した「長女写真」にファン驚き 「麻央ちゃんだ」「ドキッとした」J-CASTニュース9月22日(金)11時57分
7 マリオ新作、シリーズ初の「年齢指定」 理由は...「マリオの海パン」!?任天堂に聞くJ-CASTニュース9月21日(木)7時0分
8 NEWS手越祐也によるイモトアヤコの“安室愛”への神反応が話題「ステージに立つ人だからこそわかること」モデルプレス9月21日(木)15時2分
9 新作『カードキャプターさくら』開始日決定うけ緒方恵美さんら感激の声 「メインスタッフ・キャストが変わらず臨めるのが奇跡のよう」おたくま経済新聞9月21日(木)14時31分
10 斉藤由貴が大河「西郷どん」辞退 不倫よりも「パンティー被り写真」が重大とのワケは...J-CASTニュース9月21日(木)18時24分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア