注目ワード鉄道・中国 トランプ・大統領 朝ドラ・わろてんか 豊田真由子・議員 北朝鮮・外相 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

チャン・グンソク×キム・ハヌル “ペット&ご主人様”から“好き”になる瞬間

cinemacafe.net1月21日(土)22時18分
高学歴で高収入、仕事一筋の30代キャリアウーマンと、そんな彼女を家で待ってくれる年下の“ペット”の彼。あり得ないようで、なぜかしっくりくる男女のスウィートな共同生活を描いた『きみはペット』。その“ご主人様とペット”を演じるのが、ラブコメの女王キム・ハヌルと、日本中の女性の心を射止めているチャン・グンソクだ。スクリーンの中からそのまま抜け出してきたかのようなふたりのスウィートな関係に直撃!



4年前に原作コミックを読んで以来「これがドラマや映画になったらぜひ出たいと思ってたので、シナリオをもらったときは“出られる!”ってとても気持ちよかった」と本作が念願の出演だったことを明かすグンソク。初共演のハヌルとの初顔合わせも彼からのアプローチで決まったのだそう。当時のことをハヌルはふり返る。

「2人で作品の話をするために喫茶店で会ったのが最初で。普通は現場でほかのスタッフたちと一緒に顔を合わせるものですが、今回は役どころについて2人だけで話をしようということになったんです。そのときは、いまご覧いただいているような、ちょっとふざけたりイタズラ好きなグンソクさんの様子は全くなく、とてもシリアスな印象でした。少しぎこちない雰囲気の中で、お互いにずっと慎重に真面目に作品のことに集中していたので、現場に入ったときはどんな方なのかなと気になってたのですが、撮影を進めていくにつれて、最初にお会いしたときとは真逆ですごく明るくてエネルギッシュな方だというのを知りました。彼は、そんな明るい面と作品にとことん打ち込んでいく面と、両面を持っている人。知れば知るほど、彼に対して好印象を抱いていきました」。



「僕としてはハヌルさんに歩み寄るというより、弟分の立場なのでお姉さんに気軽に声をかけさせてもらったのですが、彼女はぎこちなく感じたのか、とことん最後までシナリオの話をして帰りました。そのときハヌルさんに対して『あ、冷たい人なのかな?』と思ったのですが、現場に入っても冷たい人でした。冗談です(笑)」(グンソク)。



ある日家に転がりこんできたイケメンダンサーのイノを“ペット”として一緒に暮らし始めるエリート・ウーマンのウニ。仕事で疲れきった彼女の心をイノのとびきりの愛嬌が癒していく(時にはストレスのはけ口にも…)ように、現場でも「私が疲れていたりすると和ませてくれたり、いつも現場を楽しくリードしてくれた」と語るハヌルだが、彼に振り回されることもしばしば? ウニがイノのシャンプーをするシーンでは、いきなりグンソクが来ていた服を脱ぐアドリブも。グンソクによれば「撮影がすごく早く終わって、彼女はすごく名残惜しそうでした」というが…。

「監督とグンソクさんが2人で話して決めていて、私は何も知らされないままに撮影が始まって、いきなり変な動きを始めたので、本当にびっくりしたんです。短パンを下ろした時点で衝撃だったのですが、Tシャツをまくったときに、もちろん中に下着は着けてましたが、私にとっては下着を着けてるのか着けてないのか分かんないくらい衝撃だったんです。それで慌てて大声を出してしまったんですが、彼はそれを見て私が喜んでいると受け取ったみたいです。でも色々頑張っていたので、そう思われてもいいやと思って撮ってましたけど」(ハヌル)。



そんなイタズラ好きなグンソクに対して、嬉しそうに返すお姉さまのハヌル。ひとつ屋根の下で繰り広げられる2人のコミカルな共同生活に加えて、やはり女子が期待するのは2人のロマンスシーンだろう。グンソクがオススメするのは「川の前で一緒にダンスをするシーンです。ロマンティックな音楽も流れていたし、シーンそのものもとても美しく仕上がっていたと思います。ハヌルさんはシャンプーのシーンでしょ(笑)?」。



「私が胸に響いたのは、自分が好きだった先輩とイノがケンカをした後、地下鉄でイノがウニにキスをしようとするシーンですね。イノの立場からしたら、男としてああなっただろうなというのも十分共感できたし、ウニも複雑な心境でイノのことを気になってるんだけど、あんなふうに振り払ってしまう、そんな彼女の気持ちが胸に響いたし、すごく共感できました」と話すハヌル。さらに、「映画のような状況でも、十分に恋は芽生えると思う」と共感を示す。

「男女の関係においてどんなスタートかというよりも、過程や結果の方が大切だと思う。私自身、若い頃は一目惚れすることもたくさんありましたけど、年を重ねてからはなくなりましたね。長い時間をかけて相手のことを、こういう面があるんだと人間的に知った上で好感を持ったときに、その人が男らしさを見せたり、男らしいケアをしてくれたときに気持ちが揺らぎますね」。



これに対して「正直に言えば、それは僕に会った瞬間のことを指してるんだと思うよ(笑)」とグンソク。彼の“好きになる瞬間”はこうだ。

「映画の中で、イノは最初は“ペット”としてご主人様の帰りをずっと待っているんですが、次第に忠誠心でご主人様を待つのではなく、彼女が一緒に時間を過ごしたい人にに変わっていくんです。そんな感情を抱くようになってからは“ペット”ではない、別の彼の姿が描かれています。僕自身、女性を好きになる瞬間というのは女性ならではのか弱さだったり、女性らしさが垣間見える瞬間ですね。自分にとっては何でもないことだけど、女性だから上手く出来なかったりというのを見ると、助けてあげたくなったりして心動かされるんです」。



彼のそんな男らしい本能と、常に人を和ませ笑わせてくれる愛嬌を掛け合わせたイノは、まさに彼のハマリ役と言えそうだが、本人自身も“ペット”に対してまんざらでもなさそうだ。

「実際に映画のようなご主人様がいたら、ご主人様に育てられるというのもやってみたいと思いますね。僕はこの映画を通じて初めて経験しましたが、家でご主人様の帰りを待ちながら、愛されるためにいろんな努力をしたり、“ペット”としていろんな研究をしてみたり、ご主人様が帰ってきたときに甘えたり愛嬌を見せたり、毎日自分ができるいろんなイベントを用意したり、すごく楽しいんじゃないかなと思います。育ててください、自信があったら(笑)」。



では逆に“ご主人様”になることへの興味はというと「やりたいです(笑)。キャリアウーマンの方たちは洗濯や掃除など家事全般が苦手だと思うので、そこから訓練するかもしれませんね。復讐したいので、面白そう」と不敵な笑みを見せるグンソク。横に座るハヌルは「食事を用意してもらえるのは嬉しいけど、私はすごく嫌だわ」とのことだが、実は、映画の最後には2人の逆転した関係も…? それは映画を観てからのお楽しみに!



(photo:Toru Hiraiwa)

きみはペット
Copyright 1997-2012 cafegroove Corporation. All Rights Reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

cinemacafe.net
注目ニュース
NHK朝ドラ「わろてんか」業界のタブーに抵触か? まいじつ9月25日(月)7時0分
gandhi/PIXTA(ピクスタ)10月2日から朝の連続テレビ小説『わろてんか』(NHK)がスタートする。[ 記事全文 ]
疑惑の編集カット!今井翼が滝沢秀明について語ったが… まいじつ9月25日(月)10時45分
(C)Shutterstockこの9月から活動休止している『タッキー&翼』の今井翼が、9月24日放送の『おしゃれイズム1時間SP』(日本テ…[ 記事全文 ]
元お天気キャスター半井小絵が「NHKは視聴率を重視」衝撃告白! アサ芸プラス9月25日(月)5時59分
かつて「NHKニュース7」(NHK)のお天気キャスターとして活躍した気象予報士の半井小絵がインターネットテレビの公開収録で話したことが世間…[ 記事全文 ]
松本潤が「イッテQ」で体を張る裏事情 まいじつ9月24日(日)19時0分
画/彩賀ゆう(C)まいじつ『嵐』の松本潤が10月8日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)にゲストで出演する。[ 記事全文 ]
漫画「おおかみこどもの雨と雪」作者・優さん死去 ナリナリドットコム9月25日(月)7時1分
漫画版「おおかみこどもの雨と雪」の作者・優さんが、亡くなったことがわかった。優さんのTwitterアカウントで、夫がファンに報告している。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア