NHK「歴史秘話ヒストリア」の『ファイナルファンタジー』特別回がBSプレミアムで放送。坂口博信氏、植松伸夫氏、天野喜孝氏へのインタビュー通じシリーズの魅力を探る

1月21日(火)15時58分 電ファミニコゲーマー

 NHKは、『ファイナルファンタジー』シリーズの歴史を映像で振り返りながらその魅力を探る番組「歴史秘話 ファイナルファンタジーヒストリア」が1月27日(月)にBSプレミアムで放送されることを、Twitter上で伝えた。

 本放送では、2月29日(土)に放送される番組「全ファイナルファンタジー大投票」の中間発表も行われる予定だ。

(画像はNHK「全ファイナルファンタジー大投票」特設サイトより)

 1987年に発売された第1作から全世界のゲームファンを魅了している『ファイナルファンタジー』シリーズは、2019年時点で全タイトルの累計売上数が1億4900万本を突破した。また、2017年には、最多の作品数を有するRPGシリーズとしてギネス世界記録の認定も受けている。

 番組では、初代『ファイナルファンタジー』で制作の中心となった坂口博信氏、植松伸夫氏、天野喜孝氏へのインタビューをもとに、ゲームシステムから音楽とグラフィック、ストーリーの3つの視点からシリーズの人気の秘密を解き明かしていく。

 また、番組内では「全ファイナルファンタジー大投票」の中間発表も行われる。本企画は特設サイトから投票可能で、57タイトル、約3300のキャラクター、約4400のボスと召喚獣、約2900曲の音楽の4部門に分かれている。参加者はそれぞれの部門でお気に入りのひとつを選ばなければならず、思い悩んでいるファンもいることだろう。

 『ファイナルファンタジー』シリーズ32年の歴史を振り返りながら、シリーズの魅力を改めて考えるとともに、まだ投票していない人は中間発表の結果を参考にしてみてはどうだろうか。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。

電ファミニコゲーマー

「ファイナルファンタジー」をもっと詳しく

「ファイナルファンタジー」のニュース

「ファイナルファンタジー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ