『デジモンアドベンチャー:』4月スタート 完全新作ストーリーで復活

1月21日(火)10時0分 クランクイン!

 アニメ「デジモン」シリーズの最新作『デジモンアドベンチャー:』が、フジテレビ系にて4月より毎週日曜9時に放送されることが決まった。 「デジモン」シリーズは、1997年発売の携帯ゲーム『デジタルモンスター』の大ヒットを受け、1999年3月からフジテレビ系にて1作目『デジモンアドベンチャー』が放送開始。その後『デジモンアドベンチャー02』『デジモンテイマーズ』『デジモンフロンティア』『デジモンセイバーズ』と、タイトルを変えながら2007年3月まで放送を続け、その後、テレビ朝日系、テレビ東京系にて放送された。海外でもヨーロッパ、中近東、東南アジア、北米、中南米諸国などで放送され、高い人気を誇ってきた。

 また、細田守監督の劇場版『デジモンアドベンチャー』(1999年3月)、『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』(2000年3月)、そしてその続編の今村隆寛監督の『デジモンアドベンチャー02 ディアボロモンの逆襲』(2001年3月)など話題作が多く、当時としては珍しいインターネットを舞台にした設定が話題となった。

 フジテレビ系では13年ぶりとなる本作は「デジモン」シリーズ第一作にして最大の人気作『デジモンアドベンチャー』をリブートした完全新作ストーリー。アニメ放送が始まった1999年当時と2020年の現在ではインターネットやその関連技術の発展で<デジタル>という言葉の印象も大きく変わっている。そんな時代背景も考慮し、テレビシリーズで描かれた「デジタルワールドの冒険」と、劇場版で描いた「現実社会とのリンク」によるリアルなネット社会の描写=“アクションとリアル”を両軸に据えた、今だからこそ描ける作品となる。

 2020年。ネットワークは今や人間の生活にとって無くてはならないものとなった。だが人間は知らない。ネットワークの向こう側、無限の世界・デジタルワールドと、そこに住むデジモンたちがいることを…。

 首都圏を中心に大規模なネットワーク障害が発生する。めちゃくちゃに明滅する信号や、文字化けした屋外ビジョン。サイバーテロだと報じるニュース。主人公は東京近郊のタワーマンションに住む小学5年生の八神太一。週末サマーキャンプの準備をするため一人で家に残っていたが、渋谷へ出かけた母と妹のヒカリが停車できなくなった電車に乗り込んでいた。助けるために渋谷へと急ぐ太一だが、駅のホームに向かうその瞬間…。「選ばれし子供たち」に不思議な現象が起き、太一はデジタルワールドへ。子どもたちはパートナーのデジモンと出会い、未知なる“アドベンチャー”に立ち向かう。

 アニメ『デジモンアドベンチャー:』はフジテレビ系にて4月より毎週日曜9時放送。

クランクイン!

「デジモン」をもっと詳しく

「デジモン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ