「モー娘。」はモデルへの単なる「踏み台」 さんまも呆れる久住小春の「暴走」

1月21日(月)18時40分 J-CASTニュース

   元モーニング娘。でCanCam専属モデルの久住小春さん(20)のラジオでの「傍若無人」ぶりが話題になっている。モー娘。を「やめて成功しました」と明かし、モデルへの「ステップアップだった」と言い放った。



   これが、モー娘。を「踏み台にした」と言っているに等しいとファンは怒り心頭、「すごく嫌な喋り方だね」などと、ネットで非難が相次いだ。



「ひどい・・・その言い方!泣けてくる・・・なんか」

   久住さんは、2013年1月19日にラジオ「ヤングタウン土曜日」(MBS)に初出演した。番組は、明石家さんまさん(57)をメインパーソナリティにすえ、モー娘。リーダーの道重さゆみさん(23)、村上ショージさん(57)、吉川友さん(20)がレギュラーとして出演していた。


   12歳でモー娘。に入った久住さんの教育係を、道重さんが務めていたこともあって、話題は自然と久住さんのモー娘。卒業に。17歳という「中途半端な時期に(卒業した)」とさんまさんが切り出すと、「やめて成功しました!」と間髪いれずに言い返した。


   やめた理由について、「もう1個なんか違うことができたらいいなあと思って。その時に、やっぱ17歳だったら今からでもいろんなこと挑戦できるなと思って」「モーニング娘。って男の人のファンが多いんですよ。モデルって女の人のファンが凄く多くて。だから違うじゃないですか。方向性が。女性から支持を受けたかったんですよ。アイドルだと男の人に媚びてるみたいな」と明かし、「(やめて)すごい正解!ばっちしでした!」と矢継ぎ早に話した。


   売れたいからモー娘に入ったのか、と言うさんまさんの質問にも、「そうなんですよ」「芸能界に入りたくて、モーニング娘。に入ったんですよ」「ステップアップ!」とあっけらかんとした様子だった。


   これに対して、道重さんは、「ひど〜い小春」「ひどいよー」「先輩に怒られるよ」などとはじめは笑って流していたが、次第に声色はこわばった。「ひどい・・・その言い方!泣けてくる・・・なんか」。モデル転進のくだりでは「こびるなんて」「『モー娘。』にいてもできたのに」と泣きそうな声で繰りかえしていた。


   道重さんのグループ思いはファンの間では有名で、番組内でも「モーニング娘。に入ることが夢だったので、それ以上の夢は今はないです」と強調した。



他のモデルと比べて勝っていると思うのは「顔!」

   久住さんの「暴走」は番組開始から終了まで止まるところを知らず、モデルの仕事のための練習や勉強はしないと当然のように言い、自分が他のモデルと比べて勝っていると思うところは「顔!」とぶっちゃけた。


   また、振られてもいない話題にグイグイ割り込んでいくため、村上さんらに「意味ないこといわんといて」「(どこにでも入っていく)ゴキブリ」と言われた。


   久住さんを尊敬していたという吉川さんは「ここまでとは知らずに・・・」と絶句。さんまさんも道重さんに「何にも教えてないからこうなってしまった。(教育係の)お前の責任やで」と呆れた様子で苦言を呈した。


   ネットでは、久住さんが「正論」を言っているとする見方もあるものの、「思ってる分には良いが、口に出すことではないな」「すごく嫌な喋り方だね。それに周りのフォローがなかったら空気が凍てつく。もうすでに凍てついてるわ」「今の態度続けてたら芸能界干されるよな?」といった非難の声が相次いでいる。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

モー娘。をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ