ロンブー亮、狩野会見動画に「記者、ウザ!!」 匿名のつもりでコメント?すぐ削除

1月21日(土)16時54分 J-CASTニュース

2017年1月21日に行われた会見の様子

写真を拡大

お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さんが2017年1月21日午後、ツイッターで突然、下記のような「謝罪」コメントを投稿した。

「業界各社の方々、関係者の方々、記者の方々、大変申し訳ございませんでした。この仕事をしている者として、大変失礼で軽率なコメントを載せてしまい反省しております」


芸能事務所の名前も挙げて擁護



実はこの直前、亮さんのツイッターアカウントには、女子高生への淫行問題で、この日記者会見を行ったタレントの狩野英孝さんを擁護するようなコメントが、連続して投稿されていた。


検索サイトに残るログや、一般ユーザーが保存していたスクリーンショットからは、


「狩野英孝は悪ないと思う」

といった狩野さんを擁護する発言や、


「記者、ウザ!!」

「記者、何がしたいの?イジメです。ハラスメント」

など、狩野さんを追及するマスコミに怒りをぶつけるコメント、ほか大手芸能事務所の名前を挙げながら、


「弱小事務所の時はコレやもんなぁ〜」

などとぼやく内容などが含まれていた。



「良くぞ言ってくれた!」の反応も



投稿にはいずれも、狩野さんの会見を中継していたインターネットテレビ「AbemaTV」へのリンクが含まれている。AbemaTVでは、番組へのコメントをツイッターと連携して書き込める機能があることから、亮さんが、自身の公式アカウントでログインしていることに気付かず、匿名コメントのつもりで、狩野さんへの「応援」を書き込んでしまった可能性が高いとみられている。


これらの発言は直後にすべて削除されたが、亮さんのアカウントに対しては、


「でも俺らの気持ちそのものだったよ。立場上はあかんかったけど逆に好感持てたで」

「『良くぞ言ってくれた!』と感じている一般人は、たくさん居ると思いますけどね」

とかえって、発言を支持するリプライも相次いで寄せられている。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

コメントをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ