スーファミのゲームを楽しめる7型ディスプレイ搭載互換機「16ビットポケットHDMI」

1月21日(日)10時1分 J-CASTニュース

往年のSFCゲームをポータブルでもテレビでも楽しめる

写真を拡大

テレビゲーム用周辺機器の製造・販売などを手がけるコロンバスサークル(東京都文京区)は、家庭用ゲーム機「スーパーファミコン(SFC)」互換機「16ビットポケットHDMI」を、通販サイト「Amazon.co.jp」などで2018年2月28日に発売する。


欧米版ソフトにも対応



7型ディスプレイを搭載し、SFC用ソフトを楽しめる。HDMI出力端子を装備し、ケーブルでテレビなどと接続すれば、クリアかつ色鮮やかな映像でゲームをプレイ可能だという。



画面の明るさを調整できるボタンのほか、画面比率の変換スイッチを備え、「スタンダード(4:3)」「ワイド(16:9)」から好みの画面比率を選べる。また「NTSC」「PAL」変換スイッチを搭載し、欧米版のSFCソフトにも対応する。



スタンド、専用ワイヤレスコントローラー×2個、ACアダプター、HDMIケーブル、液晶フィルム×2が付属する。



価格はオープンだが、「Amazon.co.jp」での価格は1万6920円(税込)。

J-CASTニュース

「スーファミ」をもっと詳しく

「スーファミ」のニュース

BIGLOBE
トップへ