「超時空要塞マクロス」VF-1Sバルキリーの航空機モデルが完成するマガジン

1月21日(火)12時0分 J-CASTニュース

圧倒的なスケール感、専用リモコンで各ギミックの操作が可能

写真を拡大

分冊百科を手がけるアシェット・コレクションズ・ジャパン(東京都新宿区)は、劇場版アニメ「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」に登場する機体のモデルが組み立てられるパートワークマガジン「週刊『超時空要塞マクロス VF-1バルキリー ファイターモード ダイキャストギミックモデルをつくる』」を2020年1月29日に創刊する。

メカニックデザイナー・河森正治氏が監修 可動や発光などのギミック満載



毎号付属するパーツを集めて組み立てることで、同作に登場する「VF-1Sバルキリー ロイ・フォッカースペシャル」ファイターモードの、1/24スケール・全長60センチのダイキャスト航空機モデルが完成する。メカニックデザインを手がけた河森正治さんが、図面データの時点から徹底した監修を行ったという。



キャノピーの開閉やエンジンノズル、主翼などが可動するほか、コクピットやエンジンノズル、翼端灯および着陸灯などが発光するなどの各種ギミックを搭載。専用のコントローラーで各ギミックの操作が可能。甲板から飛び立つまでの一連の"発進シークエンス"もボタン1つで再現できるという。



また、マガジンでは組み立てガイドのほか、「バルキリー」や「マクロス」など登場メカの解説、バルキリーと実在の戦闘機を比較しつつ学ぶ「リアル戦闘機学」、キャラクター紹介、劇場版およびテレビシリーズのエピソードガイドなどの章で構成される。



刊行号数は全100号の予定。



価格は、創刊号が272円(税別)、2号以降は1817円(同)。



同社公式サイトから定期購読を申し込むと、特製パーツボックス、ワッペン3種、「ロイ・フォッカー」の立ち姿と着座姿のフィギュア各1体などがプレゼントされる。また4号以降、毎号250円を追加する「プレミアム定期購読」申込者には、最終号と同時にオリジナルディスプレイケースが送付される。

J-CASTニュース

「モデル」をもっと詳しく

「モデル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ