イ・ミンホ「観客500万人動員したら、観客、ユ・ハ監督とともに江南(カンナム)のごみを拾う!」

1月21日(水)17時13分 KEJNEWS

【21日=KEJNEWS張東燁】1970年代ソウル、開発が始まったばかりの江南(カンナム)の土地をめぐる2人の男の欲望、義理、裏切りを描いたユ・ハ監督の街・通り3部作の完結編、イ・ミンホの映画初主演作品である『江南1970』のグローバル・プレミア、VIP試写会が20日、コエックスメガボックスにて行われた。

この日の試写会は13カ国での公開決定に応えた行事として、多くの海外メディアが押しかけるなか、ステージには出演俳優のイ・ミンホ、キム・レウォン、チョン・ジニョン、キム・ソルヒョン、ユ・ハ監督はもちろん、助演俳優のイ・ヨンドゥ、ハン・ジェヨン、オム・ヒョシン、チョン・ホビン、チェ・ジノ、ホ・ソンミン、キム・ユヨンらが舞台挨拶に参加し、訪れた観客に挨拶を述べた。

ユ監督は「この映画はメッセージ性がある映画です。見て多くのことを感じてくれたらうれしいです」と映画の演出感想を明かした。続いてイ・ミンホは「僕はこの映画を通じて“男心”を掴みたいと思います。男性の観客の皆さんが面白くみてくれたらいいです」と抱負を語り、キム・レウォンは「楽に楽しんでくれたらもっと面白く見られると思います。楽しんで、周りの方々に広めてください」と映画の応援をお願いした。

ヒット公約を聞かれるとイ・ミンホは「僕がオートバイの免許がないので、公約を変えようと思います。観客動員数500万人を達成したら、500人の観客と監督とともに江南のゴミを拾います」と劇中、ゴミ拾いだった自身のキャラクターを活かした公約を提案して大きな拍手を受けた。これに劇中でクリーニング店を営むチョン・ジニョンは「観客動員数500万人達成時に500人の服にアイロンをかけてあげましょう」と観客を笑わせた。先日、ネイバームービートークライブで300万人達成時にはドラマ『パンチ』のライバルチェ・ジェヒョンとのスペシャル写真を撮って公開するという公約を結んだキム・レウォンは「公約宣言後、チョ・ジェヒョンさんと協議を終えました」と実践についてほのめかせ、キム・ソルヒョンは「100万人突破したときに踊る「サプンサプン」のための新しい衣装を既に受け取りました」と明かすと会場からは歓声があがった。

これだけではなく、大成功に終えたグローバルプレミアには、キム・ウビン、キム・ヒソン、スジ(missA)、カン・ソラ、パク・ボヨン、アン・ジェヒョン、イ・ジア、パク・ギョンリム、キム・ボム、チョン・イル、ジ・ジンヒ、チェ・ジニョク、チェ・ジョンウォン、チョ・ソンハ、キム・へソン、キム・ミンソ、チェ・テジュン、イム・ジュファン、オン・ジュワン、イ・ジョンヒョンとカン・ミニョク(ともにCNBLUE)、G.NA、AOAなど数々のVIPが映画『江南1970』を応援しに駆けつけた。

『江南1970』は1月21日、本日公開される。

KEJNEWS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ごみをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ