ユナク(超新星)、チョンジ(TEENTOP)、ケビン(U-KISS)ミュージカル「ONAIR〜夜間飛行〜」出演

1月21日(水)12時29分 KEJNEWS

【21日=KEJ金善花】2月4日から12日まで六本木ブルーシアターで公演される韓流ミュージカル「ON AIR〜夜間飛行〜」(以下、ON AIR) の記者会見が20日、都内ベルサール渋谷で行われた。

この日の記者会見では、14年に行われた公演のハイライトとともに初演からユナクと共演してきた日本のミュージカル女優綿引さやか(あや役)が日本オリジナルナンバー「最初で最後」を熱唱した後、昨年の公演に続いて出演するユナク(超新星)をはじめチョンジ(TEENTOP)、ケビンとジュン(U-KISS)、ヨンウォン(A-JAX)など日本でもファンを持つアイドルグループのメンバーが参加し、会見が開かれた。

まず主人公ジェイ役をつとめるケビンは10年韓国公演で出演した以降約5年ぶりの出演となる。これにかんして「5年ぶりに再び出演でき手嬉しい。日本でするというだけあって楽しみもある。日本語が多く心配もあるが、日本語の勉強を一生懸命する」と公演への期待と抱負を語った。ミュージカル「ON AIR」の魅力をユナクは「毎回、違ったストーリーを見ている気持ちになる。客席とともにストーリーを作るコーナーがり、公演のなかで韓国最高のアイドルスパークのリーダーとしてのライブ、そしてアドリブが多い公演なので緊張感もあれば、ワクワクもある」と魅力を説明した。

また超新星のリーダーと劇中のスパークのリーダーの違いがあるかを聞かれると「やはり違う。スパークがもっと若くて覇気がある。そして超新星のメンバーよりも、僕の言うことを聞いてくれるため、大好きだ(笑)。でも、超新星のメンバーも大好きだからともに3月の新曲の準備をしなくては(笑)」と冗談を飛ばした。「ON AIR」が2本目と出演作品となるチョンジは「ミュージカルは挑戦したかった分野。特に日本の方々がすごく親切でよくしてくれるので公演も上手くいきそうだ」と日本スタッフと俳優への愛情を示した。

続いて「ジェイというキャラクターは実際の自分とはすごく似ている。そのため前の作品では僕がキャラクターにあわせる感じが合ったが、今回は楽に僕の姿そのままを演技に出せていると思う。シックで格好良くて、女性に心配りが出来るジェイに期待してほしい」と自分だけのジェイを演じることを明かした。

ミュージカルに初挑戦するジュンは「初めてのミュージカルに挑戦するが、僕の相手役でライバルとなるケビンさんに飲み込まれないように頑張る」と出演者最年少らしく力強い抱負を語った。ジュンと同様に初ミュージカルとなるヨンウォンは「メンバーは今日朝まで僕がミュージカルに出演することを知らなかった。記者会見の直前に電話してたのだが、これからミュージカルの記者会見があるといったら衝撃を受けていた(笑)」というエピソードを話してくれた。

またユナクは「ヨンウォンさんは練習のあと、あまりごはんを食べない。どうしてなのか気なっている」と突然の質問すると「隠れて食べているが、まだバレてないみたいだ(笑)。初ミュージカルだからたくさん悩み、色々考える。またジェイ役をしている方々は個性がある。ケビンさんはかわいらしく、ユナクさんは先輩らしい重厚感があり、チョンジさんは顔が小さすぎて近くに行くと比べられる(笑)。ダイエットの必要性を感じた」としっかり返していた。

ミュージカル「ON AIR」は日韓両国で人気のアイドルグループのリーダーであったがとあるスキャンダルのため芸能界から姿を消し、スランプを脱した後日本でラジオDJとして成功するジェイの物語である。14年日本で初演を行ったミュージカル「ON AIR」は、作品性と観客参加型の公演スタイルで話題を集めて観客らの好評を集めた。咋年、超新星のリーダーユナクを筆頭に日本で大きな人気を博し成功に終えたミュージカルさらに豪華なキャスティングで再び日本を訪れる。

ミュージカル「ON AIR」の2月公演は、日韓修交50周年に合わせて日韓合同主催されより一層アップグレードした演出とキャスティングで再び東京を訪れる。韓流ミュージカル「ON AIR〜夜間飛行〜」は2月4日から12日まで東京・六本木ブルーシアターにて公演される。

KEJNEWS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

超新星をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ