「こんなひどいの久々...」広瀬アリス、下ネタ連発のさまぁ〜ずに困惑

1月21日(水)17時0分 メンズサイゾー

 20日深夜に放送された『さまぁ〜ずのご自慢列島ジマング』(フジテレビ系)に広瀬アリス(20)が出演。司会のさまぁ〜ずから下ネタ連発の洗礼を受け、困惑した表情を浮かべながらも手を叩いて爆笑する姿を披露した。


 さまざまな人々の自慢を紹介する番組の冒頭では、大竹一樹(47)が「50音の一文字を言ってもらえれば何かの感想をすぐに言える」という特技(?)を発表。これを受けて広瀬が「せ」という一文字を提案すると、大竹が「セックス好きなんですね...」といきなり刺激的な発言を飛ばす。放送では大竹の言葉に伏せ音が被されていたが、三村マサカズ(47)が「"せ"はダメだよ。それしか出てこないから」と言っていたように、「セックス」と発していたのは明らか。自ら下ネタを引き出してしまったかのようにツッコまれた広瀬は、大きな目を丸くして驚いたような表情を見せていた。


 さらに三村は、広瀬のことを20歳だと紹介した際に「可愛い。大人っぽい」と言いながら「もう堂々とセックスって言っていい年」と発言。相方の言葉に大笑いする大竹の横で、広瀬は「こんなひどいの初めて...」と戸惑った表情でさまぁ〜ずを見つめ、番組を何度も見ているが、こんなに下ネタが飛び交う現場だとは思わなかったとつぶやいた。


 それでも大竹は、広瀬が得意だというケン玉をスタジオで披露すると、「穴にさすの?」と再び意味深な言葉を投げかける。広瀬は「もうやだなぁ〜」と反応しながら、もはや笑うしかないといった表情。そして特技であるケン玉に挑戦すると、まさかの失敗の連続で、広瀬は「変なこと言うから〜」と手を叩いて笑うのだった。広瀬とすれば、特技の失敗という照れもあっただろうが、2人そろって下ネタを連発するさまぁ〜ずに呆れ返っていたのかもしれない。


「現在、ティーン向けファッション誌『Seventeen』(集英社)で専属モデルを務めるアリスさんは、映画『銀の匙 Silver Spoon』(2014年公開)などで女優としても活躍。妹の広瀬すずさん(16)も結婚情報誌『ゼクシィ』(リクルート)のテレビCMをはじめ、現在放映中のドラマ『学校のカイダン』(日本テレビ系)で主演に起用されるなど、美人姉妹としても有名です。ただ、アリスさんもモデル業のほかにCMやドラマに出演していますが、妹ほどのブレイクには至っていないというのが正直なところ。


 17日にアリスさんがブログ上で公開した姉妹のツーショットが『可愛いすぎ』と話題になっていますが、コメントの中には『すずの姉が水野美紀に似てる』『妹は見たことあるけど...』といった声もありました。2人の知名度の差は徐々に開きつつある印象です。ブログの中でアリスさんは『ウチのすっちゃん可愛いでしょ』『自分が1番あの子のファン』と殊更に妹自慢のコメントを投稿していますが、今後もこの仲の良さを"健全に"保つためにも、すずさんに負けないアリスさんの活躍が期待されますね」(芸能ライター)


 テレビCMで注目を浴び、連続ドラマの主演を務めるすずは、まさにスター街道まっしぐらという状況。そんな妹の活躍は嬉しいに違いないだろうが、自身も芸能界で活動する広瀬とすれば、今後のためにも少しでも知名度を上げたいところだろう。今回放送された『ジマング』の中でも、広瀬はさまぁ〜ずの下ネタに困惑しながらも体を張った姿を見せ、バラエティへの意欲的な態度を示していた。


 広瀬は、番組内で紹介された「足つぼマッサージの上で縄跳びをする」という素人が投稿した特技にスタジオで挑戦。モデルや女優として活躍する身ながら、「ギャー! あー!」と大きな声で叫びながら、足つぼの上を飛び跳ねる姿を披露した。芸人さながらのリアクションを見せる広瀬は、バラエティで罰ゲームを受けることになっても見事な働きをしてくれそうだ。CMやドラマ主演で一躍知名度を上げたすずに対して、広瀬はバラエティでブレイクするのかもしれない。
(文=峯尾)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

広瀬アリスをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ