桐谷美玲の“お茶目インスタ“が見逃せない! アミダラ女王風写真で話題に

1月21日(木)22時35分 メンズサイゾー

 米国の映画サイト・TC Candler.comが毎年発表する「世界で最も美しい顔100人」に4年連続で選ばれ、日本人歴代最高位の8位にランクインしたこともある女優の桐谷美玲(26)。ニュース番組でキャスターも務める彼女には、才色兼備といったイメージを抱いている人も多いことだろう。だが、そんな彼女の素顔には、かなりお茶目なところがあるようだ。


 今月19日、桐谷は自身のInstagramで大人気SF映画『スター・ウォーズ』シリーズに登場するアミダラ女王をマネた姿を公開。世界的な人気を誇る女優のナタリー・ポートマン(34)が演じたキャラクターだが、太眉スタイルに前髪をヘアピンでとめた姿には、「似合いすぎ」「映画に出てほしい」「どんな格好でも素敵ですね」などと称賛のコメントが多数寄せられた。


 昨年11月に開始し、21日現在、30万人以上のフォロワーを集める人気アカウントとなっている桐谷のInstagram。人気女優らしくファッショナブルな写真が中心だが、サルの顔マネをした姿や自身の成人式で着た振り袖姿など、バラエティに富んだ投稿でファンを楽しませている。


「雑誌のインタビューなどでときどき話していますが、桐谷さんはもともと内気なタイプの子どもだったようです。しかし、小学生のころに大阪に引っ越したことをきっかけに開けっぴろげな性格になったと言っていましたね」(芸能ライター)


 Instagramでは、可愛らしい寝姿や変顔を惜しげもなく公開している桐谷。ルックス的には凛とした雰囲気を感じさせるが、その内側には大阪人気質が備わっているようだ。


「桐谷さんほどルックスが整っていれば、どこか近寄りがたいイメージになってしまうのは仕方ないこと。さらに彼女の場合、女優だけでなくキャスターという知的な一面が、それを増幅させます。しかし実際には、変顔が得意だと公言しているように飾り気のないオープンな性格の持ち主で、このギャップは映画でも生かされている。昨年公開された『ヒロイン失格』では、変顔などコミカルな部分を存分に披露しました。興行収入も23億円を突破して、主演としてしっかり結果を残したカタチです」(前同)


 圧倒的な美貌を誇り、知的ながら親しみやすいキャラが浸透しつつある桐谷。女優としても着実にキャリアを積んでいるが、今年も順調な活躍が続きそうだ。


 2月スタートの新ドラマ『スミカスミレ 45歳若返った女』(テレビ朝日系)で主演を務める桐谷。人気コミックを原作とする新ドラマでは、実年齢65歳の主人公が20歳に若返った際のキャラに挑戦。彼氏いない歴65年の女性が、ある日突然見た目20歳の女子大生に若返り、人生のやり直しに挑む物語では「桐谷美玲史上、最高にピュア」な姿が描かれているとのことで、期待を膨らませているファンも多いことだろう。


 さらに、昨年公開された人気コミックの実写映画『暗殺教室』の続編となる『暗殺教室−卒業編−』(3月公開)にも新キャストとして出演。原作にも登場する雪村あぐり役を演じる彼女は、「あぐりのちょっと変わったお洋服を完全再現しています!」とコメントしており、ビジュアル面での完成度の高さをアピール。『スミカスミレ』と同じく原作の人気が高いだけに、こちらも大きな注目を浴びそうだ。


「漫画やアニメの映像化となると、作品に対して愛着を持つファンからネガティブな反応が寄せられることも多い。しかし、桐谷さんにはそういった声も少ない。二次元のキャラクターにも引けをとらない抜群のルックスが評価されてのことでしょうが、Instagramなどで見せる素顔も好感度を支えているように思います」(ネットライター)


 女優業としての桐谷の動向も見逃せないが、同時にSNS上で見せるキュートな姿からも目が離せそうにない。
(文=aiba)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

桐谷美玲をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ