磯山さやか、弾ける若さか完熟した魅力か...ネットでファンの意見が対立

1月21日(木)10時0分 メンズサイゾー

 昨年10月、芸能生活15周年を記念した写真集『milimili』(ワニブックス)を発売したタレントの磯山さやか(32)。約2年ぶり通算22冊目の同作は、ノーブラでバストトップだけが隠された美乳ショットや水着のブラを外して谷間を強調した姿など、過激ショット満載の仕上がりとなった。


 磯山自身が「これまでだったらNG出していたかも」とコメントした写真集は、多くのファンから絶賛されてネット上でも話題に。近年の彼女といえば、ムッチリボディの癒し系タレントとして人気を集めるが、その魅力がふんだんに盛り込まれた内容にファンも満足した。


 そんな磯山が近ごろファンの間で話題となっている。「若くてピチピチだったころと完熟した魅力を放つ今、どっちが好きか」というのだ。


 某大手掲示板には、同じようなスレッドがいくつも立ち、無数のネットユーザーがさまざまなコメントを投稿。そこでは、10代から最近までの磯山のグラビア写真が貼られ、「若さには勝てない」「30代に入ってからの方がエロい」などと、対立する意見が交わされている。


 往年のファンと思われるユーザーらは、昔を懐かしみながらも現在の磯山を絶賛。一方、磯山よりもかなり若そうなユーザーたちは、自分たちと同世代だったころの彼女を見て「アイドルだったら推しメンレベル」といった感想を抱いているようだ。


「10代のころからグラドルとして活躍している磯山さんですが、当時から今と同じようなムチムチとした印象がありました。といっても、その柔らかなイメージに加えてキャピキャピとした雰囲気もあり、いわば元気っ子的なキャラで人気でしたね。


 一時ダイエットに挑戦してスレンダーボディを披露したこともありますが、『魅力半減』といった反応が多かった。最近では"ぽっちゃり女子"の流行もあって、女性誌の専属ぷにモデルに就任するなど、磯山さんもその波に乗っている」(ネットライター)


 磯山は、若いころから女性らしいカラダつきでファンを魅了してきたようだ。にもかかわらず、ネット上で意見が割れているのは、弾ける魅力と大人びたエロスという、単なる好みの違いによるところが大きいのかもしれない。


 だが、長年ムッチリした魅力でファンを喜ばせてきた磯山にも、このところでは変化が訪れつつある。


 2015年7月更新のブログに投稿した画像をきっかけに、激ヤセ説が取り沙汰された磯山。その後、彼女はバラエティ番組で、ふんわりボディを維持する秘訣を語り、世のぽっちゃり好きを安心させた。しかし、昨年の暮れにTwitterにアップされた写真の彼女は、頬骨が浮き上がっているように見え、ネットに「減量ダイエットが順調すぎるんですけど...」と困惑した声が上がった。


 もちろん、スッキリした印象の彼女には、可愛らしさが増したとして称賛コメントもあった。だが、今月19日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、磯山が女子高校生の制服衣装で登場すると、一部のファンらは敏感に反応。放送中からTwitterなどに、磯山の脚が細くなっていることや全体的に華奢になっているといった指摘が相次いだのだった。


 そうしたファンらは一様に残念がっている口調で、中には体調面を気づかうコメントも。『ロンハー』出演時の磯山といえば、"イソえもん"と呼ばれてイジられる印象もあるが、この日の放送ではそうした様子も少なく、いつもと雰囲気の違う彼女にファンも心配したようだ。


 『milimili』発売時には、「これからもオファーをいただける限り、頑張らせていただきます!」とグラビアへの決意を語った磯山。最近ではイメージを変えつつあるのかもしれないが、それもまた新たな武器にしてファンを喜ばせてほしいものだ。
(文=愉快)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

磯山さやかをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ