「どう見ても女子高生」「人妻なのにコスプレ感なし!」 堀北真希の制服姿に絶賛の声

1月21日(木)18時0分 メンズサイゾー

 現在放送中の連続ドラマ『ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜』(日本テレビ系)で主演を務めている女優の堀北真希(27)。20日に放送された第二話での彼女のある姿がネット上で話題になっている。


 第二話では、有名弁護士の男性が誘拐され、犯人はその身代金の受け渡し役として男性の娘である女子高生を指名。女性刑事役の堀北は娘の代わりに犯人と接触することになり、女子高生になりきるため黒ぶちメガネをかけた制服姿を披露した。


 この堀北の制服姿について、ネット上の視聴者からは「JKホマキ超かわいいな」「どう見ても女子高生」「クオリティ高い」と絶賛の声が相次ぐのだった。


「堀北さんは、2003年の主演ドラマ『ケータイ刑事 銭形舞』(BS-i)で警視総監を祖父に持つ女子高生役を演じていました。この時の彼女は15歳で、当然違和感もなく制服姿で主人公を演じていたのですが、10年以上経って今回再び披露された制服姿には『銭形舞の頃と変わらない』という反応も多いようです。27歳という年齢であるにもかかわらずコスプレちっくな雰囲気がなく、制服を着こなせるのはなかなか珍しいことですよ」(芸能ライター)


 堀北といえば、昨年8月に山本耕史(39)との電撃結婚を発表して世間を驚かせ、その後彼女のファンクラブの活動が昨年末で終了することが伝えられたために、芸能界を寿引退するのではとささやかれていた。しかし、その後『ヒガンバナ』で主演を務めることが明らかになり、ファンは一安心。同ドラマの番宣でバラエティー番組に出演した際は結婚生活について語ることも多く、また昨年の大晦日に放送された『絶対に笑ってはいけない名探偵24時!』(日本テレビ系)では"刺客"として登場するなど、結婚を機に新たな一面を覗かせている。


「これまで堀北さんは自身のプライベートについて多くを語らず、また結婚があまりにも突然すぎたために『結婚生活も謎に包まれたままなのでは』『もしや偽装結婚?』との見方もありました。しかし、実際のところは夫である山本さんについて『休みの日は一緒にご飯を作る』『家のことを協力して一緒にやってくれる』とのろけることもあるなど幸せそうな様子で、年末年始に多数出演していたバラエティー番組では以前に比べてのびのびとしているようにも見えました。


 そんな堀北さんについてファンからは、『結婚したという現実を突きつけられてる気がする』と落胆の声も聞かれているようですが、一方では彼女に"人妻"という肩書きがついたことを喜ぶ声もあるようです。今回の制服姿にも『人妻なのに制服似合うとかスゴイ』との反応がありますし、結婚しても変わらぬ美貌と透明感を保っていることが魅力になっているのでしょう」(芸能関係者)


 結婚発表直後はファンのショックが大きく人気低下も心配されていた堀北だが、主演ドラマの反響を見るかぎりでは、彼女への注目度は相変わらず高いようだ。ファンにとっても彼女にとっても、結婚がプラスであり続けることを祈りたい。
(文=サ乙)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

女子高生をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ