たけし、小室引退に疑問「ファンがいるのに引退っていうのは…」

1月21日(日)8時7分 マイナビニュース

タレントのビートたけしが20日、TBS系ニュース番組『新・情報7daysニュースキャスター』(毎週土曜22:00〜)に生出演。看護師の女性との不倫疑惑が報じられ、会見で引退を表明した音楽プロデューサー・小室哲哉について言及した。

ビートたけし

たけしは「昔から芸人は親の死に目に会えないと言われているけど、親の死に目に会えないんじゃなくて、親が死んでも舞台はやれるというのがお笑い芸人だって、師匠に言われた」と語り出し、「お客があってなんぼの世界で、自分の身内のことを原因にしちゃあかん。1人でも客がいるならやる。それで食ってきたんだから」と意見。「自分の身の回りは自分で戦わなきゃいけない。でも、ファンがいるのに引退しますっていうのは、さてどうかねっていう」と語った。

そして、安住紳一郎アナウンサーが「小室さんのカムバックの声がもう少し大きければ小室さんもいつかやる気になるんじゃないかということでしょうか?」と尋ねると、「芸人っていうのは客がいればやる。引退というのは客がいなきゃ引退するしかない。俺がライブやるっていってお客が0だったらしょうがないじゃん。お客がいるうちはやりますよ。それだけです」と説明。また、「休んで」と小室を気遣うも、「一番格好悪いのは『またやる気になりました』って。だから言わない方がいいのかなと思うんだけどね」と話した。

マイナビニュース

「引退」をもっと詳しく

「引退」のニュース

BIGLOBE
トップへ