水野美紀演じるエースDが仕事の信念を語る…『FINAL CUT』2.5話

1月21日(日)20時46分 マイナビニュース

アイドルグループ・KAT-TUN亀梨和也が主演するカンテレ・フジテレビ系ドラマ『FINAL CUT』(毎週火曜21:00〜)の"第2.5話"が、動画サイト・GYAO!で無料配信されている。

亀梨演じる主人公・中村慶介が、母親を殺人事件の犯人かのように扱い、死に追い込んだ罪深きテレビ番組関係者に「ある目的」のために制裁を加え、事件の真犯人を追う姿を描く復しゅう劇の同作。

16日に放送された第2話では、12年前に慶介の母親を裏切るインタビュー取材を行った『ザ・プレミアワイド』のエースディレクター・真崎久美子(水野美紀)がターゲットとなり、慶介は、葛藤を抱えながらもスクープのために暴走する真崎に対して、公開されると人生が終わる致命的な映像"ファイナルカット"を突きつけて制裁を下し、なぜ母親への犯人扱いが始まったかを問いただすというストーリーが展開された。

これに続く第3話が23日に放送されるが、2話と3話をつなぐ「チェインストーリー」を制作。現在配信中の"2.5話"は「#2.5 IDEOLOGY〜信念〜」と題し、真崎が重圧や葛藤の毎日の中で、結果を出し続ける女性ディレクターの信念を語っている。若手ディレクターの小池(林遣都)に「なんかあったんすか?」と心配されると、真崎は、メディアに身を置く者の"危うさ"を説きだす。

第3話は、そんな小池が慶介のターゲットに。"暇ネタ"担当として日々の取材を行う一方、ネットで"神"扱いされる小池が、あるニュース取材をきっかけで岐路に立たされることになる。

マイナビニュース

「FINAL CUT」をもっと詳しく

「FINAL CUT」のニュース

BIGLOBE
トップへ