『劇場版 ハイスクール・フリート』、キャスト登壇の初日舞台挨拶を開催

1月21日(火)8時0分 マイナビニュース

2020年1月18日(土)から全国ロードショーとなった、シリーズファン待望の完全新作アニメーション『劇場版 ハイスクール・フリート』だが、同日、新宿バルト9にて初日舞台挨拶が開催された。

イベントには、夏川椎菜(岬明乃役)、Lynn(宗谷ましろ役)、古木のぞみ(立石志摩役)、種﨑敦美(西崎芽依役)、黒瀬ゆうこ(納沙幸子役)、麻倉もも(伊良子美甘役)、大空直美(スーザン・レジェス役)、鶴岡聡(五十六役)が登壇。駆けつけた大勢のファンに向けて、今作の見どころや収録時のエピソードなどのトークを繰り広げた。

MCを務める鶴岡の呼び込みで登壇したキャスト陣は、雪の降る悪天候にも関わらず駆けつけた大勢のファンへ感謝の言葉を贈る。種﨑は「雪というピンチですが、『ハイスクール・フリート』らしい初日ですね(笑)。本作らしくて逆にいいなと思いました」と作中で数々の困難が描かれてきた『はいふり』らしいドラマチックな展開だと笑いを誘った。

2018年の劇場版制作発表を経て、ついに公開日を迎えられたことを喜ぶキャスト陣。公開を待ち続けたファンに改めて感謝を述べた夏川は、「艦長を演じさせていただく身としては『ようやく出航するんだ』という想いです」と感慨深い様子を見せた。

また、今作より初出演となる大空は、アフレコの際、スタジオに集まったキャストの多さに驚いたとのこと。加えて「大所帯に加わるのだと思い、身が引き締まりました」と当時の心境を明かした。

新キャラクターの登場も見どころの今作だが、本予告でも描かれた宗谷ましろに訪れる転機も注目ポイントのひとつ。ましろが別の艦で艦長を任される一大事について、Lynnは「彼女がどういう決断を下すのか、最後まで見届けてほしいです」と呼びかけ、彼女の心情に注目してほしいと語った。

そんなシリアスな描写の箸休めになるようにと、鶴岡は立石志摩と西崎芽依のコンビを紹介。これに対して古木は「私たちは私たちで主役のつもりです!(笑)」と主張したが、相方の種﨑は「主役だとは思っていないですね(笑)」と冷静なコメント。漫才のようなふたりのやりとりに会場は笑い声に包まれた。

また黒瀬は、シリーズの聖地であり、数々のタイアップ企画も行われた横須賀について言及。今作でも様々な街並みが描かれている点に触れると「横須賀に行って聖地巡りを楽しんでもらいたいです」と鑑賞後の楽しみとしてファンに聖地巡りを勧めた。

続いてキャスト陣は、今作で気になっているキャラクターを紹介。すると、鶴岡は「違う意味で成長していて(笑)」と今まで以上に肥えたという五十六をピックアップ。なお、今作には鶴岡が監督と相談して用意した“笑える仕掛け”があるとのこと。鶴岡は「ぜひ見つけてほしい」とアピールした。

麻倉が演じる伊良子美甘を推しのキャラクターとして挙げた大空は「初めて会ったときから好きで、劇場版でもっと好きになりました!」と満面の笑みで宣言。すると「もしかして本人(麻倉)のことですか?そうなると話が変わってきますよ!(笑)」とすかさず夏川。大好きな麻倉を渡すまいとする夏川だが、もはや日常風景だと言わんばかりのキャスト陣から「警察だ!」「ももちゃん警察が来た(笑)」と茶化される一幕も見られた。

まだまだ話し足りない様子のキャスト陣だが、イベントは終了の時間に。最後にキャストを代表して夏川は「今作ではすべてのキャラクターが輝いています。推しのキャラクターの活躍ぶりを楽しみにしてください!」と締めくくった。

完全新作アニメーション『劇場版 ハイスクール・フリート』は全国公開中。各詳細は公式サイトにて。

(C)AAS/新海上安全整備局

マイナビニュース

「舞台挨拶」をもっと詳しく

「舞台挨拶」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ